複数のコイン電池をごちゃまぜに放置していたら出火 複数のコイン電池をごちゃまぜに放置していたら出火

コイン電池は導電物と一緒に保管するとショートしやすい

コイン電池は下面の平らな部分と側面がプラス、上面の少しでっぱった部分がマイナスという構造になっています〈図1〉。そのためコイン電池が重なり合うと一方の電池が導線として働き、電極がショートして発熱、破裂を引き起こす危険があります〈図2〉

電極にセロハンテープを貼って絶縁しましょう

包装から取り出した後のコイン電池を保管したり捨てる際には、極間のショートを防ぐために、それぞれの電池の全ての電極にセロハンテープやビニールフィルムなどを貼り付けるなどして、絶縁しましょう。電池のサイズ(直径)によっては、電池を完全に覆いきれない場合があります。その場合は、セロハンテープを複数用いて電池表面を完全に覆って下さい。

導電物と一緒に保管しないようにしましょう

コイン電池をネックレスやヘアピン、コイン、鍵などの導電物と一緒に持ち運んだり、保管したりしないようにしましょう。