生産現場向け業務改善ソリューション

お問い合わせ受付窓口 お問い合わせ受付窓口

生産現場の業務効率向上と生産状況の見える化を実現!

デジタル技術の進展やグローバル競争により、国内の製造業も変革をせまられています。しかし、ものづくりの生産現場においては・・・

  • 日報や業務報告など、今でも「紙」で記入した後、Excelに手作業で転記しまとめ直している
  • 報告用レポートなど、複数の社内システムから必要な情報を都度Excelに転写し作成している
  • レポートを上司が確認した時点では、既に時間が経過しているため、対策が後手に回ることがある

など、人手による作業が多く、まとめ直しに時間がかかったり、リアルタイムで対策が打てないなどの課題を抱えています。
また、入力の電子化や現場の状況をリアルタイムに見える化できるシステムを導入しようとしても、多くの場合、非常に高額になることがネックとなっています。

パナソニックの「生産現場向け業務改善ソリューション」は、パッケージソフトウェアの組み合わせにより、作業員の入力作業を電子化することで、現場の状況をリアルタイムに見える化します。さらに、ご要望に応じて既存システムとの連携機能や入力帳票の電子化、表示画面などを作成、提供することが可能です。パナソニックの生産現場で長年培ってきたノウハウをもとに、生産状況の把握と業務改善スピードの大幅な向上を支援します。

導入前:課題検討して現場へフィードバックしたいが・・・
  • 生産実績の把握にタイムラグ
  • レポート確認時には、課題への対応が手遅れに
  • 日報の転記入力、集計・レポート作成の手間で作業時間ロス
導入後:自動集計でリアルタイムに見える化
  • 週次・月次からリアルタイム報告へ
  • 現場でも生産状況を見える化し、連携強化
  • 工数集計・不良内訳集計などの自動化で 業務効率アップ

「生産現場向け業務改善ソリューション」が選ばれる5つの理由!

1. 生産状況をリアルタイムに見える化することで、トラブルの兆候をいち早く発見可能

2. 製造実績がリアルタイムに見える化され、予実管理や関連部門との情報共有もスムーズに

3. 日報を手書きするのではなく電子化された帳票に直接入力することで、集計レポート作成に必要な工数を削減

4. 電子帳票はExcelで作成できるため、製造現場に応じたフォーマットをお客様自身で作成可能

5. 作業日報・ライン別生産情報・業績情報など、基幹データとの連携が容易で要因分析・解析スピードが向上

「生産現場向け業務改善ソリューション」が提供する主な機能

現場帳票電子化ツール
XC-Gate (エクシーゲート)

現場帳票電子化ツール「XC-Gate」のご利用イメージ

今まで手書きで作成していた報告書などを電子化し、ペーパーレス化を実現します。報告書などのExcelデータをタブレット用の電子帳票に変換し、現場で直接入力、登録できます。また、XC-Gateサーバーから登録データを出力でき、効率的にデータ管理を行えます。

現場改善BIツール
MotionBoard (モーションボード)

現場改善BIツール「MotionBoard」のご利用イメージ

「MotionBoard」は、企業内のあらゆるデータをリクエストに合わせて集計し、「見える化」します。集計表やチャートを自由に組み合わせて、マルチデバイスに対応した集計結果を簡単に作成できます。現場の状況把握・分析・予測・情報共有など強力に支援します。

導入事例

株式会社ユーシン精機様

世界最高クラス オーダーメイド産業用ロボットの検査工程を見える化

世界最高クラス オーダーメイド産業用ロボットの検査工程を見える化
~グローバルな視点で小さく始めるICT革新。日本のモノづくり最前線、実況中継~

「これまでは、紙の検査票に手書き入力していました。手書きが故に、記載した情報は書類としてしか残らず、次回同じお客様から同じような仕様の受注を頂いた際も、前回の検査時の気づきを全て拾い上げることはできていませんでした。でも今では、結果がデーターベース化されているおかげで、検査票の入力データがそのまま検索できますし、電子化ならではの検査飛ばしを防ぐポカよけの仕組みも組み込まれており、品質の向上にもつながっています」

活用事例

生産実績や点検結果をタブレットから入力することにより、業績情報やライン生産工数推移、ライン別出勤率推移などの分析データをリアルタイムで「見える化」します。
また、生産実績を「見える化」することで、ラインごとの競争促進、生産準備の効率化、品質管理など他部門との連携強化が図られるなど、さまざまな効果があらわれています。

現場班長、作業者にとっての効果

  • 日報入力や、生産実績の集計業務が自動化され、班長は現場の改善業務に時間を取れるようになった。
  • 電子黒板などを使用し、共用スペースに班や個人ごとの生産状況(目標/実績)をリアルタイムに表示することで、現状を瞬時に把握でき、業務へ迅速に取り掛かれるようになった。また、現場の意識改革や、やる気向上に繋がっている。
ラインサイドに大型モニターを設置し、生産実績を見える化

マネージメント層、他部門にとっての効果

  • 工数集計レポートや品質レポートなど、これまで月次だった情報がリアルタイムに見える化できるようになり、迅速に対策を打てるようになった。
  • 班やセルごとに分けて採算性を追求できており、結果は従業員の評価にも活用している。
  • PDCAサイクルを速めることにより、生産ロスや品質ロスを大幅に削減することができた。
工数集計レポートや品質レポートをリアルタイムに見える化

動作環境

現場帳票電子化ツール「XC-Gate」

■ サーバー環境

稼動OS

  • Microsoft Windows Server 2008 R2 (64bit)以降
  • CentOS 6.1以降

プログラム

  • Java EE7以降
  • Apache HTTPサーバー v2.4以降
  • Apache Tomcat v7.0以降
  • Apache Tomcat JMS ActiveMQ
  • PostgreSQL v9.2以降

■ サーバーハードウェア推奨構成

CPU

CPU: インテル Xeon 2~3GHz 2コア以上

【CPU例】 インテル Xeon プロセッサー E5-2400製品ファミリー

  1. インテル Xeon プロセッサー E5-2407v2 (2.40GHz、10M キャッシュ、6.4GT/s 4C)
  2. インテル Xeon プロセッサー E5-2420v2 (2.20GHz、15M キャッシュ、7.2GT/s 6C)
  3. インテル Xeon プロセッサー E5-2430v2 (2.50GHz、15M キャッシュ、7.2GT/s 6C)
  4. インテル Xeon プロセッサー E5-2440v2 (1.90GHz、20M キャッシュ、7.2GT/s 8C)
  5. インテル Xeon プロセッサー E5-2450v2 (2.50GHz、20M キャッシュ、8.0GT/s 8C)

メモリー容量

6GB以上

ハードディスク

500GB以上

■ 管理者/Excelシート作成者向けクライアント環境 (一般PC)

稼動OS

Microsoft Windows XP以降

プログラム

  • Microsoft Excel 2010以降
  • Microsoft Internet Explorer 10 / 11 (標準以外の機能は検証が必要)
  • Google Chrome

■ 一般ユーザー向けクライアント環境 (タブレット端末)

iPad

iOS 6 ~ 8.x / Safari

Windowsタブレット※1

  • Microsoft Windows 7 / 8 (機種ごとに検証が必要)
  • Microsoft Internet Explorer 10
  • Google Chrome / Android 4.0以降 (機種ごとに検証が必要)

※1 カメラアプリケーションを使用する場合は、Adobe Flash Player ver.10以降が必要です。

現場改善BIツール「MotionBoard」

■ サーバー環境

稼動OS

  • Microsoft Windows Server 2008 SP2 (64bit)※2
  • Microsoft Windows Server 2008 R2 SP1 (64bit)※2
  • Microsoft Windows Server 2012 (64bit)※2
  • Microsoft Windows Server 2012 R2 (64bit)※2

OS言語

  • 日本語
  • 英語
  • 中国語(簡体字)

CPU

インテル Xeonプロセッサー 1GHz以上

メモリー容量

16GB以上

ディスク容量

  • 1GB以上※3
  • 512MB以上※4

Webブラウザー

  • Microsoft Edge※5
  • Microsoft Internet Explorer 7.0 (32bit)※6
  • Microsoft Internet Explorer 8.0 (32bit)※6
  • Microsoft Internet Explorer 9.0 (32bit)※6
  • Microsoft Internet Explorer 10.0 (32bit)※6 ※7
  • Microsoft Internet Explorer 11.0 (32bit / 64bit)※6 ※7 ※8
  • Mozilla Firefox 6以降 (32bit)
  • Google Chrome (32bit / 64bit)※9

必要なソフトウェア

Adobe Flash Player 10.2以降

※2 Server Coreは除きます。
※3 GEOアイテムで使⽤する地図データをインストールする場合は、約2.5GBの空き容量が別途必要です。
※4 RC Serviceの必要ディスク容量です。
※5 5.5.00.0001以降のバージョンで使⽤可能です。
※6 ブラウザーの保護モードには対応していません。保護モードを無効にして利⽤してください。
※7 デスクトップ版にのみ対応しています。
※8 エンタープライズモードに対応していません。
※9 最新バージョンから2バージョン前まで対応します(それ以前のバージョンはメーカーサポート終了のため)。

■ クライアント環境

稼動OS

  • Microsoft Windows Vista (x86 32bit)※10
  • Microsoft Windows Vista (x64 64bit)※10
  • Microsoft Windows 7 (x86 32bit)※10
  • Microsoft Windows 7 (x64 64bit)※10
  • Microsoft Windows 8 (x86 32bit)※11
  • Microsoft Windows 8 (x64 64bit)※11
  • Microsoft Windows 8.1 (x86 32bit)※11
  • Microsoft Windows 8.1 (x64 64bit)※11
  • Microsoft Windows 10 (x86 32bit)※12 ※13
  • Microsoft Windows 10 (x64 64bit)※12 ※13

CPU

1GHz以上 (推奨 インテル Coreプロセッサー以上)

メモリー容量

1GB以上

Webブラウザー

  • Microsoft Edge※13
  • Microsoft Internet Explorer 7.0 (32bit)※14
  • Microsoft Internet Explorer 8.0 (32bit)※14
  • Microsoft Internet Explorer 9.0 (32bit)※14
  • Microsoft Internet Explorer 10.0 (32bit)※14 ※15
  • Microsoft Internet Explorer 11 (32bit / 64bit)※14 ※15 ※16
  • Mozilla Firefox 6以降 (32bit)
  • Google Chrome (32bit / 64bit)※17

必要なソフトウェア

  • Adobe Acrobat Reader DC※13
  • Adobe Flash Player 10.2以降※18
  • Adobe Reader X※19
  • Adobe Reader XI※19

※10 Starter、Home Basic、Home Premiumは除きます。
※11 RTは除きます。
※12 Home、Mobile、Mobile Enterprise、IoT Coreを除きます。
※13 5.5.00.0001以降のバージョンで使⽤可能です。
※14 ブラウザーの保護モードには対応していません。保護モードを無効にして利用してください。
※15 デスクトップ版にのみ対応しています。
※16 エンタープライズモードに対応していません。
※17 最新バージョンから2バージョン前まで対応します(それ以前のバージョンはメーカーサポート終了のため)。
※18 各Webブラウザーに対応したAdobe Flash Playerが必要です。Adobe Readerにてオフラインチャート(PDF 形式)閲覧時は、NPAPI版が必要です。
※19 オフラインチャート(PDF形式)や、PDF出力されたボードやチャートを閲覧するときに必要です。

価格

■ システム構成図

システム構成図

■ 標準パッケージ価格(税抜)※21

価格

※20 基幹システムとの連携は、ご使用環境、ご要望に合わせたプログラム開発が必要です。
※21 パッケージ内容の詳細はお問い合わせください。価格は、お客様のご使用環境、ご要望などにより異なります。

イベントのご案内

※ 本イベントは終了いたしました。多数のご参加ありがとうございました。

※ 本イベントは終了いたしました。多数のご参加ありがとうございました。

商品に関するお問い合わせ

パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社 お問い合わせ受付窓口
電話番号: 0570-087870
    受付時間: 9時00分~17時30分 (土・日・祝・当社指定休業日を除く)

お問い合わせイメージ お問い合わせイメージ

※ 記載されている会社名、商品名は各社の商標または登録商標です。なお、本文中では™、®マークは基本的に明記していません。