会社概要

社名

パナソニック カーエレクトロニクス株式会社

本社所在地

〒140-0013 東京都品川区南大井6-22-7 大森ベルポートE館11階

代表者

荒屋 和浩

設立年月日

平成14年4月1日

資本金

3億5千万円

年商

1,384億円(2021年度)

役員

代表取締役社長

荒屋 和浩

代表取締役専務

大島 豊

取締役

佐藤 浩之

取締役

加代 雅道

取締役

熊澤 慎一

取締役

近藤 隆男

取締役

西   啓介

監査役

内田 健治

従業員数

429名(2022年4月1日)

取引銀行

三井住友銀行

決算期

3月31日(年1回)

営業拠点

13営業拠点

基本方針

当社は、国内カーエレ市販分野において、お客様の満足度を創出し、メーカー販社としての責任を完遂する「価値創造企業」を目指します。

事業内容

当社は下記内容にて事業活動を展開しております。

  1. 自動車関連機器ならびに電気通信、音響、映像、情報処理、情報通信、電気設備に関する機器の販売。
  2. 前号の機器に関するシステム、ネットワーク、ソフトウェア、コンテンツの販売。
  3. 前各号に関する修理・保守・運用サービスの受託。
  4. 前各号に関する工事の設計、施工、監理、請負。
  5. 前各号に関する調査・研究・コンサルティングの受託。
  6. 前各号に付帯または関連する一切の事業。

ごあいさつ

パナソニック カーエレクトロニクス株式会社は、国内の自動車業界における全ての流通チャネルを通じて、パナソニックのカーエレクトロニクス商品の販売やアフターサービス、事業者様向けソリューションのご提供でお客様の「安心・安全・快適」に貢献できるよう取り組んでおります。
その実現に向け、社員一人ひとりが知見を深め切磋琢磨し合いながら、お客様の視点に立ったお役立ちを意識した活動をしています。
自動車業界は、自動車産業の構造やユーザーの意識など新しいモビリティ社会へと日々進化しています。
私共もパナソニック グループの強みを生かし、環境の変化に合った商品・サービスをご提供し続け、お客様や地域に無くてはならない唯一無二のカーエレソリューションカンパニーを目指します。

パナソニック カーエレクトロニクス株式会社
代表取締役社長 荒屋 和浩

代表取締役社長 荒屋 和浩

事業領域

組織体制

パナソニック グループの組織体制は、パナソニック ホールディングス株式会社、パナソニック オートモーティブシステムズ株式会社、パナソニック エンターテインメント&コミュニケーション株式会社、パナソニック ハウジングソリューションズ株式会社、パナソニック コネクト株式会社、パナソニック インダストリー株式会社、パナソニック エナジー株式会社、パナソニック株式会社となり、当社(パナソニック カーエレクトロニクス株式会社)はパナソニック オートモーティブシステムズ株式会社の国内販売会社である。 当社の組織体制は、北日本支社、首都圏支社、中部支社、関西支社、西日本支社、営業統括部、ソリューション事業統括部、サポート事業統括部、事業企画室、経理統括部、人事・総務統括部である。

本社への交通アクセス

本社

〒140-0013 東京都品川区南大井6-22-7 大森ベルポートE館 11階

パナソニックカーエレクトロニクス株式会社地図

交通手段 【電車】

【JR】

  • 東京駅より大森駅まで15分
  • 品川駅より大森駅まで6分

【京浜急行】

  • 品川駅より大森海岸駅まで8分

【最寄り駅】

  • JR大森駅北口より徒歩3分
  • 京浜急行大森海岸駅より徒歩4分

パナソニックカーエレクトロニクス株式会社 健康経営の取組み

2022年3月に経済産業省および日本健康会議より、社員の健康管理を経営的な視点で考え、 戦略的に取り組む法人として「健康経営優良法人2022(大規模法人部門)」に認定されました。

2022 健康経営優良法人 Health and productivity ホワイト500

●認定期間:2022年3月9日 ~ 2023年3月31日

2022 健康経営優良法人 Health and productivity ホワイト500 認定証

経営幹部からのメッセージ

従業員の健康なくして、会社の活力、安定、そして継続的な成長は望めません。
社会貢献を果たしていく上でも、従業員一人ひとりの健康意識は必要不可欠と考えます。
従業員の自発的な健康保持・増進を支援し、組織的な健康づくりに取り組みながら、
お客様に愛される会社を目指して参ります。

代表取締役社長 荒屋 和浩

従業員の健康は『企業の健全性』に直結します。
従業員と家族の健康意識を高め、一人ひとりが自分事として健康増進に取り組み、
活力ある活き活きした職場環境が実現出来るよう健康経営を継続していきます。
健康経営を通じ地域のお客様に必要とされる『オンリーワン企業』として
社会貢献し続けられるよう取り組んで参ります。

代表取締役専務 大島 豊

健康経営方針

パナソニック カーエレクトロニクス株式会社は、以下の健康経営方針に基づき、従業員の健康意識向上と健康活動の積極的な展開を図ります。

  1. 全従業員の健康意識の向上と社内コミュニケーションの活性化を図りながら、健康保持・増進に努めます。
  2. 働き方改革の推進を通じて、一人ひとりのワークライフバランスの実現を目指すとともに、従業員の働く環境の良化に努めます。
  3. ストレスチェックや意識実態調査の結果に基づく対策の徹底により、メンタルヘルスケア向上を含めた心身両面における健康づくりの
    風土醸成に取り組みます。
健康経営推進体制図
健康経営戦略マップ

パートナーシップ構築宣言

サプライチェーン全体での共存共栄の推進に向けて、「パートナーシップ構築宣言」で公表をしております。

健康経営による健康課題の解決及び、企業経営への効果について

健康経営に対する取組み

取組みの特徴

  • 従業員が年齢を重ねても元気で働ける職場を目指し、健康経営の仕組みづくりから取組んでいます。
  • 本社及び全支社が密に連携し、全社統一の方針のもとで、各拠点の現状に合った方法で健康施策を推進しています。
  • 従業員一人ひとりの健康意識の強化と、それを組織的に支える仕組みで健康づくり活動を実施しています。

重点取組み

  1. 健康経営を推進する環境整備
  2. 快適職場づくり、コミュニケーション活性化
  3. 働き方改革、ワークライフバランス
  4. 健康リスク別対策(ハイリスクアプローチ・ポピュレーションアプローチ)

具体的な取組み

<健康経営の推進>

■安全衛生委員会の活用
法定に基づく委員会の開催以外に、代表取締役専務、CHOも参加する中央安全衛生委員会を全拠点 テレビ会議で繋ぎ開催しています。
定例報告だけでなく、活発な議論で健康施策を検討しています。
(全支社ごと:1回/月 + 中央安全衛生委員会:1回/3ヶ月)

安全衛生委員会の様子

幅広く意見を収集
全拠点に意見箱を設置し、健康施策や働き方改革などに関する意見を広く集め、施策に結びつけています。

<健診受診>

定期健診
法定健診以外にもオプション検査の追加が可能で、疾病の早期発見・治療につなげています。
健診結果は、Web健康管理ツール上でいつでも確認することができます。

がん検診
定期健診と同時に無料で受けられます。
女性健診に対する費用助成や協定医療機関の紹介も行っています。
「がん対策推進企業アクション 推進パートナー企業」に登録し、受診率の向上や事後フォロー・両立支援の充実の他、
会社全体でがんに対する知識の向上に努めています。

がん対策推進企業アクション 推進パートナー企業 登録証

歯科健診
社内での実施、また指定の歯科医院で受診可能としています。年齢により費用助成もあります。

健診の様子

<ハイリスクアプローチ>

精密検査
健康管理室を中心に、医療機関の紹介及び結果の把握・フォローを行っています。
項目により、無料(パナソニック健康保険組合 全額負担)で精密検査が受けられます。

健康高リスク者
パナソニックグループおよび当社基準による「健康リスク」で区分し、対応手順に従って、高負荷業務の把握と就業把握の徹底を行っています。

保健指導
就業時間内でも特定保健指導の利用を認め、積極的な生活習慣改善を勧めています。

両立支援
両立支援コーディネーターを配置し、本人の気持ちと意思を大切に、最適な働き方ができるよう支援しています。

修了証書

<ポピュレーションアプローチ>

日常動線上での健康づくり
毎朝の職場体操、服装のフリースタイル、スマートミール(お弁当)の導入等、健康になれる職場環境づくりに取組んでいます。

毎朝の職場体操の様子
スマートミール(お弁当)の導入

Web健康管理ツールの活用
全従業員に「健康宣言」をすることを推奨し、Web健康管理ツールを通しテーマに沿った健康チャレンジへの参加を促しています。

健康増進イベントの実施
健康づくりを基に従業員の健康増進及びコミュニケーション活性化、業務パフォーマンス向上等を目指し、その中で「健康作りの輪」を広げます。
「2020年度」
『健診を受ける』・『学ぶ・取組む』・『成果を出す』をキーワードに達成ポイントを設定し、社内コンテストとして競える内容にて実施しました。
「2021年度 上期」
各自で健康目標(歩数・睡眠・禁煙・食事等の1項目を各自で選択)を決め、それに沿った健康づくりの取組みを行いました。
部門・拠点ごとの参加率、達成率に応じて景品を授与し、社員の健康意識向上に繋げました。

※景品授与時の写真

健康チャレンジ景品お渡し写真

「2021年度 下期」
「ウォーキングイベント」を開催し、ウォーキングセミナー + ウォーキングコンテストを実施しました。
事前にセミナーを開催し歩くことの重要性を従業員へ周知した上で、
各自が内容を把握し、自身と他の従業員との歩数比較も行いながら、ウォーキングによっての健康増進を目指しました。
(参加率:91.4%、満足度:82.1%、費用:1,200,000円)

ウォーキングイベント

「2022年度 上期」
【睡眠力向上企画】を3カ月間実施し、従業員の睡眠の質を向上をさせ、生活・業務パフォーマンスを支援する健康施策を実施しました。
取組み内容は、最初に従業員が各々にて睡眠偏差値を測定します。
(ここで自身の睡眠についての分析結果を専門講師監修のシステムのもと、得られます)
その後、外部講師によるセミナーの他、動画の閲覧及び理解度チェック等を就業時間中に行い、期間中に自身の睡眠力向上を目指す活動を行い、最終的に自身の睡眠偏差値を再測定し、偏差値向上及び、睡眠の質向上を目指す健康施策を実施しました。
(参加率:46.8%、満足度:89.2%、費用:550,000円)
※下記、個人の睡眠偏差値の1回目・2回目測定時の比較(例)

個人の睡眠偏差値の1回目:受検日22022-06-21 09:50 総合スコア60、2回目:受検日22022-08-29 09:17 総合スコア71

※この取組みがNHKの「おはよう日本」にて放送をされました(2022年9月3日放送)

NHKの「おはよう日本」にて放送

「2022年度 下期」
2021年度下期に行った【ウォーキングイベント】をさらに内容をブラッシュアップさせ実施し、従業員の歩数の増加及び、歩くことによっての健康意識の日常的な定着化をさらに目指し、運動不足解消による健康支援を行っていきます。
※合計歩数だけではなく、1日の目標歩数を設定のうえ達成をしたらポイントを換算し、
歩数とポイントにより達成度を測り、運動増を目指す施策を実施予定

ヘルスリテラシー向上
全従業員を対象にメンタルヘルス講習を開催し8割以上が受講しています。
eラーニング(メンタルヘルス、生活習慣改善、栄養バランス、デンタルケアなど)も活用し主体的な健康づくりを後押ししています。

<働き方改革・ワークライフバランス>

柔軟な働き方
フレックスタイム制度や在宅勤務制度を導入し、積極的に運用しています。
直行直帰の活用推進など場所や時間に縛られない新しい働き方でパフォーマンスの向上も目指します。

長時間労働対策
重点4項目(月間超勤45時間超、20時完全退社、計画年休取得推進、入退門と始終業時間差)について、
毎月の責任者会議にて部門ごとの実績を発表し、課題のある部門については注意喚起すると共に解決策を検討して、
長時間労働者を出さない対策を実施しています。

ICT・インフラ整備
Office365ハイブリッドオプション(Teams等)を全従業員に導入し、リモート会議や研修等がいつでもできる環境を整え、活用を推進しています。
採用面接や健康ハイリスク者への面接指導のリモート化など、新しい環境下でのコミュニケーション強化に取組んでいます。

ワークライフバランスの充実
積極的な有給休暇の取得を推奨しており、メリハリある仕事ができる環境です。
出産・育児や介護に伴う休暇・勤務制度はもちろんのこと、家族の看護や学校行事への参加等にも利用できるファミリーサポート休暇など、各種制度が整っています。新入社員や転勤者を対象とした寮・社宅制度もあります。
継続的に、労使協議による福利厚生制度の充実を図っています。

<快適職場づくり>

コミュニケーションの活性化
社内の情報伝達や社内ツールのアクセス起点としてイントラサイトや社内ブログを活用しています。
職場改善活動として、各職場単位で職場懇親会を定期的に開催するなど、情報発信だけでなく個人や部署内での対話も大切にしています。
また、上司と部下が1対1で対話を行う1on1ミーティングを実施しています。

社内ブログへの取組み掲載

従業員・家族を大切にする職場環境
全ての拠点で使用していた机下のキャビネットを全て撤去し、ペーパーレス化および部門ごとのフリーアドレス化を図ると共に、ミーティングスペースも拡充し、社員間で様々なコミュニケーションが取りやすいオフィスレイアウトにしております。
また、社内には従業員はいつでも自由に使えるリフレッシュルームを設けています。
服装のフリースタイル化やオリジナルジャンパーの貸与、職場内でBGMを流すなど、快適かつリフレッシュした気持ちで業務に集中できる環境づくりを進めています。
さらに、全支社で家族感謝イベントを開催し、従業員同士はもちろん家族を含め絆を深める機会も設けています。

■フロアレイアウト事例:本社の様子

フリーアドレス化
ミーティングスペースを拡充(オフィス中央)
4人用打合せブース(オフィス窓際)
2人用打合せブース(オフィス窓際)
リフレッシュルーム
リフレッシュルーム

空間や空調への配慮
普段より、ジアイーノ(次亜塩素酸空間除菌脱臭機)や空気清浄機を設置し、空気の質にこだわった対策を実施しています。

ジアイーノ(次亜塩素酸空間除菌脱臭機)

喫煙・受動喫煙対策
全拠点のオフィス内に喫煙室はなく、屋内及び社用車内禁煙が徹底されています。
また、禁煙デーを設けたり、希望者への禁煙相談、禁煙治療助成の紹介等も行っています。

<感染症予防対策>

感染予防のための体制
新型コロナウイルス感染症等の拡大防止に向け、感染症BCPの活用と見直し、各種対応フローの整備等、組織的に感染症予防対策に取組んでいます。
感染者(濃厚接触者を含む)発生時の報告ルールや対応フローの周知・徹底を積極的に行っています。

感染予防のための基本的な対策
日常的な健康状態の自己確認、身体的距離の確保・マスク着用・手洗い(消毒)の周知徹底、
フレックスタイムや在宅勤務、オンライン会議等の積極的活用等、職場以外も含めた三つの「密」(密集・密接・密閉)の回避、
感染予防のための基本行動の周知徹底を行っています。

消毒液噴霧器
非接触体温計の活用
感染防止備品

職場内外での環境整備について
全拠点に自動消毒液噴霧器や非接触型体温計を配備し、営業社員へは消毒液を携帯させています。(会社より携帯消毒液を配布)
職場内外を含め、感染防止の基本対策ができるよう基本設備を揃えています。
職場内では、デスク間・演台等へクリアパネルの設置、会議室の座席数の削減やサーキュレーターの設置等、飛沫・密集・換気対策を行うほか、ドアノブなど共用部の定期的な消毒などで接触感染防止対策も行っています。

飛沫防止クリアパネル
ドアノブ消毒
会議室の換気の徹底
座席数削減による密集回避
(3席 ⇒ 2席に削減)
二酸化炭素濃度測定器

新型コロナウイルス、ワクチン接種
パナソニックグループでの職域接種にて、希望者に接種を実施しています。
2021年 10月現在、当社従業員は90%以上の接種が完了しました。

インフルエンザ予防接種
社内で予防接種を実施する他、近隣医療機関と連携をとり、予防接種を受けやすい環境を整えています。

インフルエンザ予防接種

定期健康診断における感染対策
個人の感染防止対策と三つの「密」の回避の徹底にて実施しています。

※写真は新型コロナウイルス感染症流行前のものも含みます

効果検証

項目

2017年度

2018年度

2019年度

2020年度

2021年度

2022年度

評価

2022年度目標値

健診受診率

定期健康診断受診率

100%

100%

100%

100%

100%

100%

ストレスチェック受検率

93.3%

96.2%

98.8%

94.6%

95.0%

95%以上

特定健診受診率

100%

100%

100%

100%

100%

100%

肺がん検診受診率

100%

100%

100%

100%

100%

100%

胃がん検診受診率

92.1%

94.0%

96.4%

95.5%

95.5%

95%以上

大腸がん検診受診率

96.2%

97.3%

97.3%

96.7%

96.6%

95%以上

歯科健診受診率※1

33.8%

27.2%

34.6%

12.2%

50.0%

40%

健康リスク

ストレスチェックでの高ストレス者

11.7%

13.9%

12.6%

12.9%

11%

10%

健康リスク区分C該当者割合※3

9.7%

13.3%

12.1%

14.6%

12.7%

13%以下

事後フォロー

精密検診受診率

68.0%

81.8%

90.5%

90.0%

80%

90%

特定保健指導実施率

10.5%

55.4%

66.7%

98.7%

※2

60%

健康指標

特定保健指導対象者割合

23.8%

23.4%

28.3%

23.6%

27.3%

20%

適正体重者
(18.5≦BMI<25)割合

58.1%

59.0%

59.0%

59.9%

59.5%

65%

生活習慣指標※4

非喫煙率

63.5%

65.3%

65.7%

69.8%

71.5%

70%

適正運動

33.7%

33.8%

36.7%

適正食事

50.9%

48.2%

53.9%

適正飲酒

84.4%

83.9%

87.4%

適正睡眠

59.0%

61.2%

62%

運動習慣者の割合

22.5%

20.7%

22.4%

24.2%

27.8%

30%

栄養バランスを考えている者の割合

81.3%

80.9%

81.4%

82.8%

82.3%

85%以上

健康宣言率

72.6%

71.2%

65.3%

62%

90%以上

健康づくり利用率(Web)

71.2%

72.6%

71.7%

76.4%

88.7%

75%以上

研修・e-larning受講率

73.9%

100%

組織の健康度

総合健康度指数
(偏差値)

51.3

51.5

51.5

50.3

50.7

52

ストレス
(偏差値)

50.3

50.3

50

49.8

49.4

50

ワーク・エンゲイジメント
(偏差値)

51.7

52.1

51.8

50.3

50.5

53

プレゼンティーイズム

34.5%

35.8%

×

30%以下

傷病による休職・欠勤日数※5

4.3日

2.5日

メンタルヘルス休業・休職者率

2.8%

1.9%

0.7%

0.2%※6

従業員意識調査

社員活性化レベル

38%

39%

41%

休暇取得

平均年次有給休暇取得日数

15.1日

16日

16.7日

17.1日

18.3日

18日以上

平均月間所定外労働時間

11時間

9時間

10時間未満

その他

平均勤続年数

18.7年

19.3年

※1:歯科健診は新型コロナウイルス感染予防を考慮し、集団での実施となる社内実施は中止し、個人での受診を推奨
※2:現在実施中
※3:主に脳心臓疾患についての健康リスクの程度を区分a~cの3段階で表示したもので、リスクCは「高リスクレベル」。(パナソニックグループ基準)
※4:健康スコアリングレポート基準(ただし対象は全従業員)
※5:私傷病により連続1週間以上休んだ日数(取得した休暇の種類は問わない)の全社員平均
※6:2022年5月~10月現在はメンタルヘルス休職者は0名となっている。