Panasonic SWING Panasonic SWING

Panasonic SWING

アジア5カ国を巡るツアートーナメント

2017年、パナソニックは、
アジアンツアーとのパートナー契約を結び、
日本を含むアジア5カ国の大会を対象とした
ポイントレース「Panasonic SWING」
を始動しました。

タイ・インド・マレーシア・インドネシアをまわり
日本のパナソニックオープンへ
つながる“SWING”。

各大会では順位に応じてポイントが与えられ、
合計ポイント1位から3位のプレーヤーには
それぞれ賞金を授与。
さらに、1位となったプレーヤーには
ヨーロピアンツアーへの切符が用意されています。

かつてヨーロッパで発祥したゴルフが、
北米で盛り上がり、そしていまアジアへ――。

各国のゴルファーの活躍と
アジアのゴルフシーンの発展を願い、
Panasonic SWINGがアジアを駆け巡ります。

Panasonic SWINGについて

アジアンツアーとは、日本を除くアジアのゴルフ大会を統括し、東南アジアを中心に数々のツアートーナメントを開催している団体です。

パナソニックは、これまでもタイ・インド・マレーシア・インドネシアの4カ国でローカルツアーをサポートし、各大会で上位となった地元選手を日本のパナソニックオープンへ招待するなど、各国のゴルファーの支援活動を行ってきました。2017年から、アジアのゴルフシーンのさらなる発展と、その発展を世界へと伝えていくことを目的に、ポイント制による新しいサーキットプログラムをスタートさせました。

タイ、インド、マレーシア、インドネシア、日本 アジア5カ国をサーキットして競われるPanasonic SWING タイ、インド、マレーシア、インドネシア、日本 アジア5カ国をサーキットして競われるPanasonic SWING

タイ、インド、マレーシア、インドネシア、日本
アジア5カ国をサーキットして競われる
Panasonic SWING

■開催概要

タイ・インド・マレーシア・インドネシアの海外大会と、フィナーレとなる日本のパナソニックオープンゴルフチャンピオンシップを合わせた5大会がPanasonic SWINGのポイントレース対象トーナメントです。ポイントレースに参加するには、2019年に日本で開催される予定のパナソニックオープンゴルフチャンピオンシップを含む最低2大会への参加が必要となります。

タイ[Thailand OPEN] 2018年6月7日~10日 タイカントリークラブ、インド[Panasonic OPEN INDIA] 2018年10月25日~28日 デリーゴルフクラブ、インドネシア [Indonesian Masters] 2018年12月13日~16日 開催地未定、マレーシア[Maybank Championship] 2019年開催予定 サウジャナゴルフ& カントリークラブ、日本[パナソニックオープン ゴルフチャンピオンシップ2018] 2019年開催予定 茨木カンツリー倶楽部

タイの国旗 タイ

Thailand OPEN

2018年6月7日~10日
タイカントリークラブ

インドの国旗 インド

Panasonic OPEN INDIA

2018年10月25日~28日
デリーゴルフクラブ

インドネシアの国旗 インドネシア

Indonesian Masters

2018年12月13日~16日
開催地未定

マレーシアの国旗 マレーシア

Maybank Championship

2019年開催予定

日本の国旗 日本

パナソニックオープン
ゴルフチャンピオンシップ

2019年開催予定

■獲得ポイント

ポイントは、各大会で上位80位以内のプレーヤーに付与されます。なお、日本のパナソニックオープンでは、海外大会の1.5倍のポイントを得ることができます。

海外大会 1位:1800ポイント、2位:1100ポイント、3位:630ポイント、80位:2ポイント/日本大会[ポイント1.5倍] 1位:2700ポイント、2位:1650ポイント、3位:945ポイント、80位:3ポイント

■賞金と特典

すべての大会が終了した時点で総ポイント数1位から3位までのプレーヤーには米ドルで総額150,000ドルの賞金が授与されます。さらに、1位のプレーヤーにはヨーロピアンツアーの1戦に参加する権利が与えられます。

賞金総額 150,000USドル 1位:70,000USドル+EUROPEAN TOUR 欧州ツアー1試合への参加権、2位:50,000USドル、3位:30,000USドル

Panasonic SWING 2ndシーズン大会レポート

2018 Thailand OPEN

開催日:2018年6月7日~10日
開催地:タイカントリークラブ(タイ)

アジア5か国を巡るアジアンツアーのポイントシリーズ「Panasonic SWING」。その2ndシーズンが「タイランドオープン」からスタートした。

3日目に単独首位に立った地元・タイ出身の25歳、パヌポール・ピッタヤラット(タイ)が逃げ切り、アジアンツアー通算2勝目をあげた。
トップ5を地元のタイ勢が独占した。日本人選手では片岡大育が通算1アンダーで30位が最高位だった。

「Panasonic SWING」ランキングは、ピッタヤラットが1800ポイントで首位に立った。また、ピッタヤラットは、タイ国籍選手の最上位者に与えられる、2019年に開催予定のパナソニックオープン日本大会の出場権も手にした。

写真:2018 Thailand OPEN 優勝者 パヌポール・ピッタヤラット選手

優勝したパヌポール・ピッタヤラット選手

Panasonic SWING 1stシーズン大会レポート

パナソニックオープンゴルフチャンピオンシップ
2018 Panasonic OPEN Golf Championship

開催日:2018年4月19日~22日
開催地:茨木カンツリー倶楽部(日本)

「Panasonic SWING」シリーズ最終戦「パナソニックオープンゴルフチャンピオンシップ」が2018年4月19日~22日、大阪府の茨木カンツリー倶楽部で行われた。

インド、タイ、マレーシア、インドネシアの海外4か国をサーキットしてきたシリーズも日本で最終決戦を迎えた。ここまでインド大会の優勝をはじめ4大会でトップ20位以内をキープして、本大会にランキング1位で迎えたのはインド出身のシブ・カプール選手。パナソニックオープン日本大会では、-1、48位タイで予選ラウンドを通過。決勝ラウンドではスコアを伸ばせず、+4で53位タイに終わったが、ここまでの貯金がきいて、合計2922.90Ptで首位。カプール選手が、Panasonic SWING初代王者の称号を手にした。賞金70,000USドルとヨーロピアンツアーの1戦に参加する権利が与えられた。

SWING2位には、日本大会で優勝を果たしたラヒル・ガンジー選手、SWING3位にはタイランドオープン優勝で、日本大会でも4位タイと活躍したラタノン・ワナスリチャン選手が入り、それぞれ賞金として、50,000USドル、30,000USドルを獲得した。

写真:パナソニック株式会社 津賀代表取締役社長(左)とPanasonic SWING初代王者 シブ・カプール選手(右)

津賀大会会長(パナソニック株式会社 代表取締役社長)(左)とPanasonic SWING初代優勝者
シブ・カプール選手(右)

写真:パナソニックオープン2018 優勝者 ラヒル・ガンジー選手

パナソニックオープン2018で優勝した
ラヒル・ガンジー選手

Maybank Championship

開催日:2018年2月1日~4日
開催地:サウジャナG&CC(マレーシア)

「Panasonic SWING」シリーズ第4戦の舞台はマレーシアで開催された「メイバンク選手権」。ヨーロピアンツアーとアジアンツアーのダブルサンクションのビッグトーナメントに、両ツアーの強豪に加えて、日本からもトッププロが参戦した。

優勝はインドの新鋭21歳、シュバンカー・シャルマ。最終日に10バーディ、ノーボギーの「62」でスコアを伸ばして、3日目までの19位タイから、大逆転を果たした。ヨーロピアンツアー2勝目。日本勢では、石川遼と谷原秀人が通算16アンダーの5位タイ。片岡大育は通算12アンダーで23位、宮里優作は27位、池田勇太は39位だった。

SWINGランキングは、今大会優勝のシュバンカー・シャルマがここまでの3戦で獲得していた300.67Ptに、1800.0Ptを加えて、2100.67Ptで2位に浮上。ここまでランキング首位に立っていたシブ・カプールは今大会23位タイに入り、2870.40Ptと得点を伸ばし首位を守った。タイ大会優勝のラタノン・ワナスリチャンが1884.00Ptで3位に続く。

日本勢では宮里優作が583.14Ptで、14位と最高位。石川遼と谷原秀人が297.20Ptで32位タイにつけている。SWING最終戦の日本でのパナソニックオープンゴルフチャンピオンシップ2018は、優勝で獲得できるポイントがこれまでの4戦の1.5倍になる。従って、優勝すれば2700Pt獲得することになるので、ここまでSWINGランキングで170.40Pt以上獲得している前述の日本人選手3名を含む47名の選手に優勝の可能性が残った。

なお、地元マレーシア国籍の最上位39位タイに入った、ギャビン・グリーンに、2018年4月のパナソニックオープン日本大会への出場権が与えられた。

写真:Maybank Championship 優勝者 シュバンカー・シャルマ選手

優勝したシュバンカー・シャルマ選手

Indonesian Masters

開催日:2017年12月14日~17日
開催地:ロイヤルジャカルタゴルフクラブ(インドネシア)

「Panasonic SWING」シリーズ第3戦の舞台は、今季のアジアンツアー最終戦「インドネシア・マスターズ」。

世界ランク6位のジャスティン・ローズが62,69,66,62の計「259」で通算29アンダー、2位に8打差をつける圧勝劇でメジャーチャンピオンの実力を見せつけた。今季の日本男子ゴルフツアーチャンピオンの宮里優作も参戦し、計18アンダーで4位に入った。

SWINGランキングは、今大会優勝のジャスティン・ローズが1800.0Ptを獲得し3位に。2戦終わって首位に立っていたシブ・カプールが今大会でも20位タイで、3戦連続となる106.4Ptで得点を獲得し、2771.4ptに伸ばした。また宮里優作が500.0ポイントで18位、SWINGランキングに日本人が初めて顔を出した。なお、地元インドネシア国籍の最上位となった、ジョージ・ガンラナタには、2018年4月のパナソニックオープン日本大会への出場権が与えられた。

写真:Indonesian Masters 優勝者 ジャスティン・ローズ選手

優勝したジャスティン・ローズ選手

Panasonic OPEN INDIA 2017

開催日:2017年11月2日~5日
開催地:デリーゴルフクラブ(インド)

「Panasonic SWING」第2戦の場はインド。2011年の初開催から今年で7年目となる「パナソニックオープン インディア」 がデリーゴルフクラブで開催された。

3日目に首位タイに立った地元・インド出身の35歳シブ・カプールが、最終日も5バーディ、1ボギーの「68」とスコアを伸ばし、通算17アンダーで優勝した。
「Panasonic SWING」ランキングでも、シブ・カプールが、5月の「タイランドオープン」で獲得した865ポイント(2位タイ)に、今大会の優勝で1800ポイントを加算し、2665ポイントでトップに立った。シブ・カプールは、インド国籍選手の最上位者に与えられる、2018年のパナソニックオープン日本大会の出場権を手にした。

写真:Panasonic OPEN INDIA 2017 優勝者 シブ・カプール選手

優勝したシブ・カプール選手

Thailand OPEN 2017

開催日:2017年5月18日~21日
開催地:タイカントリークラブ(タイ)

タイのナショナルオープンに位置づけられる「タイランドオープン」が、今年からアジアンツアーで始まったポイントレース「Panasonic SWING」対象5試合の初戦として開催された。

初日から3日目まで首位を守ってきた地元・タイ出身の21歳、ラタノン・ワナスリチャンが最終日も5バーディ、1ボギーの「67」とスコアを伸ばし通算21アンダー。逃げ切りで、アジアンツアー初優勝を飾った。「Panasonic SWING」ランキングは、ワナスリチャンに1800ポイントが加算され首位に立った。また、ワナスリチャンは、タイ国籍選手の最上位者に与えられる、2018年のパナソニックオープン日本大会の出場権も手にした。

写真:Thailand Open 2017 優勝者 ラタノン・ワナスリチャン選手

優勝したラタノン・ワナスリチャン選手

『Panasonic SWING始動』:2017年5月18日公開
映像提供:アジアンツアー

※英語のみの映像です。

2008年から続くパナソニックのアジアでのゴルフ支援の歴史をご紹介します。

※英語のみのサイトです。