パナソニックミュージアム

より良いくらし、より良い社会を追い求め続けたパナソニック創業者・松下幸之助。
「パナソニックミュージアム」は、その高い志、そして、それを受け継ぎ数々の製品や技術を生み出してきた、数多の後進の熱き思い、パナソニックの“心”を未来に伝承したいという思いから開設した、広く皆様に開かれたミュージアムです。

お知らせ

2020.01.14
特別イベント【講演】「2020年オリンピックイヤー幕開け、金メダリストからのエール」

いよいよ東京オリンピック・パラリンピック幕開けの年。
ミュンヘンオリンピックの男子バレーボールで金メダルを獲得した木村憲治氏をお招きし、テレビで大変人気があった「ミュンヘンの道」の紹介、木村氏があみ出した新戦法「Bクイック」、2020年オリンピックのバレーボールの展望など、スポーツを愛する皆さんに向けたメッセージをお話いただきます。
開催日:2020年2月15日(土曜日)

2020.01.08
【ものづくりイズム館 企画展】「スポーツとパナソニック」開催期間延長のお知らせ

ものづくりイズム館で開催中の「スポーツとパナソニック」の会期を、ご好評につき、2020年2月22日まで延長いたします。
企業スポーツに込めたパナソニック創業者・松下幸之助の思い、「強いパナソニック」をめざして進化し続ける当社スポーツチームの歴史や特徴を公開!
さらに、スポーツの興奮や感動を高め、スタジアムやアリーナを極上の観戦空間にするソリューションの数々もご紹介しています。
開催期間:2019年10月12日(土曜日)~2020年2月22日(土曜日)

2019.12.24

2月ワークショップ情報を掲載しました。

2019.12.3
『松下幸之助物語』読書感想文コンクールを開催!

『松下幸之助物語(渡邊祐介著・PHP研究所)』を読んでの読書感想文を募集します。
みなさまのご応募お待ちしています。
※募集期間を2月10日(月曜日)から2月18日(火曜日)に延長しました。
募集期間:2019年12月10日(火曜日)~2020年2月18日(火曜日)※当日消印有効

2019.11.22
2019年 歴史館 経営理念企画展
「松下幸之助『自主責任経営の真髄』」のご案内

当社における、経営の基本は「自主責任経営」です。
今回の企画展では、100年の歴史に見る自主責任経営の変遷と、創業者をはじめ、先輩方が自主責任経営体制のもと、どのような思いで事業経営にあたり、困難を克服してきたのかを、創業者の発言や数々のエピソードを交えて紹介します。
開催期間:2019年11月27日(水曜日)~2020年1月31日(金曜日)
開館時間:9時00分~17時00分
※下記の期間は開館時間を19時00分まで延長いたします。
2019年11月27日(水曜日)~12月6日(金曜日)※土曜日除く
2020年1月27日(月曜日)~31日(金曜日)
※延長開館中、ものづくりイズム館の開館時間は通常通り9:00~17:00となります。
※延長開館中のオリジナルグッズおよび書籍の販売は致しません。

カレンダー

一時停止
1月の休館日:1日(水曜日)、2日(木曜日)、3日(金曜日)、4日(土曜日)、5日(日曜日)、12日(日曜日)、13日メンテナンスの為(月曜日)、19日(日曜日)、26日(日曜日)
2月の休館日:2日(日曜日)、9日(日曜日)、16日(日曜日)、23日(日曜日)
3月の休館日:1日(日曜日)、8日(日曜日)、15日(日曜日)、22日(日曜日)※3月29日は特別開館

ガイドツアー
ワークショップ

毎週土曜日、好評開催中!

施設のご案内

創業100周年記念モニュメント

常に事業活動を変化させながら生成発展していく当社の姿、その力強い発展を象徴的に表現するモニュメントです。
ぜひ、心ゆくままにご覧ください。

宮島達男

デジタルカウンターを用いて
輪廻転生を表現、
生命の尊厳の思いが流れる。

常に事業活動を変化させながら
生成発展していくパナソニックの
姿を表現している。

植松奎二

宇宙の構造が作品の源流にあり
重力や時間などの
目に見えない力を表現する。

垂直と水平を基調としシンプルで
力強く、パナソニックのこれからの
発展を象徴的に表現している。

西野康造

風などの目に見えないものを
造形に採り入れている。代表作は
9.11 WTC「スカイメモリー」。

パナソニック100年の歴史と、
今後100に向けてのはばたきを
表現している。

アクセス

【所在地】

〒571-8501 大阪府門真市大字門真1006番地

【アクセス】

京阪電車 西三荘駅下車 徒歩約2分

【入館料】

無料

【開館時間】

午前9時~午後5時

【休館日】

日曜日・年末年始

※企画展、イベント開催期間中等、開館時間・休館日が変更になる場合があります。

【駐車場】

普通乗用車 10台、大型バス4台
※駐車スペースは台数に限りがございます。ご来館の際はできるだけ公共の交通機関をご利用下さい。

【駐輪場】

数台程度

【連絡先】

電話番号:06-6906-0106 /FAX番号:06-6906-1894

関連リンク