環境:パナソニック環境ビジョン2050

パナソニック環境ビジョン2050

環境・エネルギーを中心とした社会課題に対する関心がグローバルで高まる中、世界の国が一致して温暖化対策に取り組むことを定めたパリ協定や、国連が掲げるSDGs(持続可能な開発目標)に対する高い注目は、環境・エネルギー問題がグローバルで深刻化していることを示唆するものでもあります。
2018年1月、政治や経済のグローバルリーダーたちが集まる世界経済フォーラムでも、最も影響の大きいリスクとして掲げられた項目として、異常気象、自然災害、地球温暖化など、環境・エネルギーに関わる問題が中心に挙がり、世界の指導者たちもこれらの問題に対して、抜本的な対策につながる行動を始めています。
これらのグローバルな社会課題の解決に向けて、企業の果たす役割への期待が高まりつつある中、パナソニックは、2017年に「パナソニック環境ビジョン2050」を策定し、ステークホルダーからの期待、要請に応えていくため、パナソニックが目指す姿を定めました。

環境ビジョン2050は、「より良いくらし」と「持続可能な地球環境」の両立に向けて、クリーンなエネルギーでより良く快適にくらせる社会を目指し、使うエネルギーを削減すると同時に、それを超えるクリーンなエネルギーの創出・活用を進めるものです。
現状、当社では「使うエネルギー」(生産など当社の事業活動で使うエネルギー、当社の製品がお客様のもとで使うエネルギー)の総量に対して、「創るエネルギー」(太陽光発電・蓄電池・エネルギーソリューションなど、当社の製品やサービスが創出・活用可能にするクリーンなエネルギー)の総量は1/10以下にとどまっています。今後は、製品の省エネ性能向上のための技術開発や、モノづくりプロセスの革新で「使うエネルギー」を可能な限り抑制していきます。あわせて、創・蓄エネルギー事業の拡大や、水素社会など新しい社会システムへの貢献を通じてクリーンなエネルギーの活用機会を増大することで、「創るエネルギー」を伸ばしていきます。
こうした取り組みを通じ、2050年に向けて「創るエネルギー」が、「使うエネルギー」を超えることに挑戦していきます。

パナソニック環境ビジョン2050:「より良いくらし」と「持続可能な地球環境」の両立に向け、クリーンなエネルギーでより良く快適にくらせる社会を目指し、パナソニックは使うエネルギーの削減と、それを超えるクリーンなエネルギーの創出・活用を進めます。

環境ビジョン2050実現に向けた活動方向

環境ビジョン2050の実現に向けて、大きく2つの活動に取り組んでいます。
一つ目の活動は、クリーンなエネルギーで安心してくらせる社会をつくることです。具体的には、エコでスマートな生活空間の提供と、エコでスマートな移動・輸送への貢献というお役立ちに取り組んでいます。また、二つ目の活動は、持続可能な社会を目指した事業推進をすることです。資源の有効活用の促進とCO2ゼロの工場づくりに取り組んでいます。

1. クリーンなエネルギーで安心してくらせる社会をつくります

当社が取り組むエコでスマートな生活空間の提供とは、クリーンなエネルギーから電気や水素をつくり、それを貯蔵したり運べるようにすること、また、省エネ性に優れた機器と断熱性に富んだ建物、適切なエネルギーマネジメントにより、クリーンなエネルギーで安心してくらせるようにすることです。なお生活空間とは、家庭だけでなく、仕事や学び、余暇の場など、人々の生活に関わるあらゆる空間を指します。こうした生活空間の提供に向け、創エネルギー・蓄エネルギー・省エネルギー・エネルギーマネジメントの4つの視点から環境技術開発を進めていきます。
中でも創エネルギーについては、次世代太陽電池技術のほか、クリーンなエネルギー由来の水素をエネルギー源として電気をつくり出す燃料電池技術の開発を進めます。蓄エネルギーについては、水素の貯蔵や供給に関わる技術や、蓄電池技術の開発を進めます。これらを通じて、社会のあらゆる場面でクリーンなエネルギーを活用できる可能性を広げていきます。
エコでスマートな移動・輸送への貢献に向けても、環境技術開発を進めます。電気自動車をはじめとするエコカー向けの蓄電池システムのさらなる技術開発で、化石燃料からクリーンなエネルギーへの転換推進に貢献します。さらに、安全なモビリティ社会のために、自動運転をサポートする技術の開発を進めるとともに、IoTなどを活かした次世代物流・輸送システムなどのソリューションも開発していきます。

当社は2018年6月より、甲府市米倉山の「ゆめソーラー館やまなし」において、太陽電池が発電したクリーンな電気で水を電気分解することで水素をつくり出し、それをエネルギー源とする純水素燃料電池(5kW級)を3台導入し、電力需要に合わせた効率的な運転制御や信頼性の検証などを行う実証試験を開始しました。この実証試験を通して、純水素燃料電池のさらなる機能向上を目指すとともに、クリーンなエネルギーで安心してくらせる社会づくりに貢献していきます。

純水素燃料電池

2. 持続可能な社会を目指した事業推進をします

資源の有効活用の促進に向けた取り組みとして、部品・材料の再利用や製品再生を通じた、資源の持続可能な利用を目指します。
CO2ゼロの工場づくりに向けた取り組みについては、2018年度までにすべての事業場にLED照明を導入※1していきます。加えて、FEMS※2などの先進的省エネ技術や、スマート・マニュファクチャリングの活用を進めます。また、「創るエネルギー」を伸ばす取り組みとして、2020年までにすべての事業場に太陽光発電システムを導入※1していきます。

CO2ゼロの工場づくりに向けた当社の取り組みの先行事例として、パナソニック ブラジル(有)(PANABRAS)では、100%再生可能エネルギー由来の電力の使用を開始しています。
具体的にはPANABRASのエストレマ、サンジョゼ、マナウスの全3工場の使用電力について、2016年に100%再生可能エネルギー由来の電力を供給可能な電力事業者に切り替えました。それにより、当社の工場として初めて、100%再生可能エネルギー由来の電力からなるモノづくりを実現しています。当社はこのPANABRASの取り組みを、環境ビジョンのCO2ゼロ工場の実現に向けた先行事例として、今後も再生可能エネルギーの使用を順次拡大していきます。

※1 導入可能な事業場が対象
※2 Factory Energy Management System

PANABRASのエストレマ工場

パナソニック環境ビジョン2050(動画)