パナソニック技報 最新号

パナソニックグループの技術論文誌「パナソニック技報」では、開発者自らが記した技術論文、技術解説をご紹介しています。わたしたちが開発した技術成果をひろく公表することによって、社会からご意見をいただくとともに、技術の進歩、社会の発展に寄与することを目的に、年2回(5月、11月)発行しております。(冊子体の販売はいたしておりませんのでご了承ください。)

本ページでは、パナソニックグループの技術論文誌「パナソニック技報」の概要(テキスト)と全文(PDF)をご覧いただけます。また、バックナンバーもご用意しています。パナソニックグループの技術成果をぜひご覧ください。

トピックス

2020年6月1日

2020年5月号 Vol.66 No.1 を発行しました。次号は2020年11月15日に発行予定です NEW

2019年11月15日

2019年11月号 Vol.65 No.2 を発行しました。

【5月号】MAY 2020 Vol.66 No.1

(2020年6月1日公開)

特集:ビューティ・ヘルスケア

人生100年時代を迎え,日本では2025年には4人に1人が後期高齢者という超高齢化社会へと突入します.そのなかで,いつまでも若々しく健康でありたいと願う人々に寄り添い,暮らしを支える当社の技術をより多くの方にご理解いただくため,美容・健康・介護関連の技術をご紹介します.

ビューティ・ヘルスケア特集によせて

パナソニック(株) アプライアンス社 技術革新担当 本橋 良

招待論文

科学的根拠に基づくビューティ・ヘルスケア戦略

桜美林大学 大学院教授 老年学総合研究所 所長 鈴木 隆雄

超高齢社会を迎えたわが国の高齢者の健康水準や生活機能の推移と現状について記述した.単に平均寿命の延びだけではなく,自立して日常生活を充実して営む能力,すなわち健康寿命もまた大きく伸びてきたことは,ビューティ・ヘルスケアに関わる製品開発にも大きな影響をもたらす.

技術論文

<美容>

リーダ放電を用いたヘアケア向け帯電微粒子水発生デバイスの開発

木下 雅登,井上 宏之,石原 綾,榛木 佐知子,石上 陽平

広い放電領域をもつリーダ放電を用いることで,発生する水微粒子を従来の18倍に増加させた帯電微粒子水発生デバイスを開発した.本デバイスを組み込んだドライヤーは従来品に比べ,毛髪乾燥時のさまざまなヘアケア効果が改善した.

代表図

くせヒゲリフト技術を用いたメンズシェーバー用スリット外刃

成田 憲二,松尾 新太郎,佐近 茂俊,立田 茂,大倉 翔貴,清水 宏明

シェービングによる肌ダメージを低減させることを目的に,寝ているくせヒゲを起こす機能を設けたスリット刃を考案し,現行の刃と比べ「剃り残し」,「肌の赤み」,「早剃り」で官能値向上を実現した.

代表図

角質層への浸透促進技術を搭載したメンズシェーバーの開発

金森 芳彰,成田 憲二,近藤 美咲,清水 宏明,西村 真司,立田 茂

シェービングによる乾燥から肌を守り,肌を健やかな状態に保つことを目指した.シェービングしながら電気浸透流を流し,化粧水などに含まれる保湿効果の高い成分を,肌へより浸透することで肌の滑らかさ,うるおい力を向上する「スキンケア効果を狙ったメンズシェーバー」を考案した.

代表図

キャビテーション気泡による口腔洗浄器の洗浄力向上

布村 真人

口腔洗浄器の洗浄能力向上のために,ノズルを通る水流にキャビテーション気泡を発生させ,気泡が崩壊する際の衝撃力を利用し,従来取れなかった汚れを除去する業界初の技術に着目し,開発した.

代表図

<健康>

OHラジカル10倍発生を実現する帯電微粒子水発生装置の開発

石上 陽平,小村 泰浩

帯電微粒子水発生装置において,マルチリーダ放電を採用することにより,OHラジカル量を増大することが可能となった.OHラジカルを増大することにより,脱臭の即効性や菌・ウィルス・アレル物質に対する効果を確認した.

代表図

公共施設向け感染対策システム

櫟原 勉,長浜 英雄,劉 斐,福本 訓明,永谷 吉祥,高柳 哲也

公共施設内でのインフルエンザ集団感染を抑制するための,咳の方向を検知し気流でウイルスを希釈するシステムを開発した.乱流シミュレーションにより高濃度微粒子をわずか15秒で高速希釈できることを確認し,実環境でのシステム評価も行った.

代表図

安全安心でおいしく,かつ健康に良い飲用機能水の可能性

田中 喜典,西川 壽一

浄水を電解することで生成される飲用アルカリ性電解水は,胃腸症状に不具合をもつ人に有効とされるが,健常人が飲用した場合にも便性状の正常化,睡眠の質の向上や運動パフォーマンスの向上を検証することができた.

代表図

ハイブリッド電気刺激技術による大腿部の筋力増強と膝の痛み緩和効果

市村 亮

歩行中の大腿部の動作をセンシングし,大腿部の筋肉に電気刺激を印加するタイミングを判別するアルゴリズムを構築し,かつそれを具現化する機器を開発.さらに,本機器で大腿部の筋力増強と膝の痛みが緩和可能なことを実証した

代表図

全身シャワーを用いた温冷交代浴が運動後の疲労回復に及ぼす影響

岡田 直樹,片平 誠人

浴槽入浴と類似の入浴感が得られるような,10箇所のミスト状の吐水口を有する全身シャワー装置を考案.運動後の疲労回復手段として利用される温冷交代浴の簡便化を試み,通常のハンドシャワーによる温浴に比べて快適かつ下肢の筋硬度の低下などの疲労回復効果が大きいことを明らかにした.

代表図

音響解析による認知機能低下の検知

張 亜明,南雲 亮佑,岡田 崇志,小川 祐輝,細川 満春,笹部 孝司

発話の音響解析により,発話の流暢(りゅうちょう)性を反映する特徴量を抽出し,認知機能の低下を推定する機械学習モデルの構築を行った.結果,認知機能低下を高い精度(AUC = 0.795)で推定可能であることが示唆された.

代表図

<介護>

高齢者の個別性を考慮した自立支援リハビリシステム

奥谷 聡,真田 明生,河上 日出生

骨格推定技術とパターン認識技術を組み合わせ,2次元画像から人物の動作を簡易に評価する技術を開発した.通所介護施設で提供されるリハビリに応用し,高齢者の身体機能的個別性を考慮したリハビリ提供を支援する.

代表図

高齢者施設向け浴室「アクアハート(注1)」による自立支援と介助者の負担軽減の実現手法

佐橋 直紀,大城 創太,石井 大我

高齢者施設の個浴ニーズに対し,「高齢者の残存能力活用」と「介助者の負担軽減」の浴室を開発.浴槽への出入りで腕や膝にかかる筋力負担の見える化,人間工学と合わせた浴槽形状にて,従来品からの大幅な負担軽減と安心して使える浴室を実現した.

(注1)日本国内における当社の登録商標.

代表図

高齢者の視覚特性を考慮した補光による高齢者施設入居者への効果に関する2症例

上野 早織,川瀬 由布,山村 泰典,藤野 雅史,野口 公喜

日中の照明を一般照明より高照度にすることで,高齢者における概日リズムの乱れを抑制する効果が期待される.独自に行った高齢者による主観評価結果より,高齢者の視覚特性を考慮した照明スケジュール(補光)を抽出した.本報では,当該照明スケジュールによる高齢者施設に入居する認知症者への効果を検証し,認知症度が異なる2症例を報告する.

代表図

お問い合わせ

パナソニック(株) イノベーション戦略室 広報担当 E-mail:crdpress@ml.jp.panasonic.com
※アイデアなどのご提案(商品に対するご意見・ご提案等)は、「メールでのお問い合わせ|サポート」までお願いいたします。
※上記以外に関するお問い合わせにつきましてはお手数ですが、「総合お客様サポート」までお願いいたします。