UD Universal Design

パナソニックはつくりたい、
誰もがいきいきと暮らせる社会を。

ユニバーサルデザインとは“人と社会を想いやる創造力”そのものである。
私たちは、人と社会を見つめ、くらしをアップデートし続けます。
パナソニックの挑戦に、どうか、ご一緒ください。

当社のユニバーサルデザインに関する「UD方針」「UDの基本6要素」「UDに解決が期待される課題」を中心にお伝えしています。

ニュース

ユニバーサルデザインに関する活動や、受賞歴を紹介していきます。

2018年12月13日 【サイトワールド2018】

2018年7月24日 【Web アクセシビリティ】

ニュース

ユニバーサルデザインに関する活動や、受賞歴を紹介していきます。

2018年12月13日 【サイトワールド2018】

2018年7月24日 【Web アクセシビリティ】

高齢化、少子化、働き方改革、女性の活躍、グローバル化、非常時、
多様性に配慮した社会の実現など、この国が抱えていくこれからの課題に、
PanasonicはUDのチカラできっと貢献できると信じています。

商品を実現するための研究活動を
お伝えしています。
パナソニックグループでは、
研究の成果を
「使いやすさ」につなげています。

モニター制度などの仕組みを活用し、
より多くのお客様の声に
耳をかたむけています。
また、ユニバーサルデザインを
広める活動も行っています。

製品はもちろん、製品に付属する
マニュアルや、パッケージにも
UDの考え方を導入し、
よりさまざまなユーザーが
使いやすいよう改良しています。

パナソニックが守り続けている
UD方針に基づいた「人にやさしいモノづくり」は、これまでもこれからも続いていきます。

ユニバーサルデザインの主な商品や取り組みをまとめたパンフレットです。

「いきいきライフデザインマガジン」は、さまざまな専門家の知見から、
人生をさらに豊かにするヒントをお届けしてまいります。

NEW 快便は、からだからの太鼓判!

排便は日々のからだからのメッセージ。食べることだけではなく、寝ること、動くこと、すべてがつながっています。つまり、トイレは日々の健康状態をトータルにチェックできる場所でもあるのです。
では快便のポイントとは何でしょうか。NPO法人日本トイレ研究所代表理事の加藤篤さんにお話をうかがいました。

実践編 聞こえる楽しさ、聴くよろこびを再発見!

最新のテクノロジーの力で驚くほど軽く、小さく、そして使いやすく進化した補聴器と細心のフィッティングで、今よりもっと活動的な毎日を送りませんか?初めての補聴器の選ぶときのポイントをパナソニック補聴器プラザ東京の秋葉所長がご案内いたします。

65歳を過ぎたら要注意!加齢性難聴とは?

聴覚障害に関する研究で知られる白石君男先生に、パナソニック株式会社 アプライアンス社で補聴器の開発に携わっている藤井が、加齢性難聴とその対処法についてうかがいました。

介護する人もされる人も穏やかでいられる

認知症の方に、家族はどんなふうに接していけばいいのか?誰もが学べ、実践でき、驚くほどの効果を上げられるケアの技法「ユマニチュード」を開発し、世界の医療機関・介護施設で教育を行っているイヴ・ジネスト先生に、お話をうかがいました。

関連情報

子どもの安心・安全や子育てに配慮されたものに贈られるキッズデザイン賞を、パナソニック(Panasonic)は様々な商品やサービスなどで受賞しております。

「ユニバーサルデザインってなんだろう?」子ども達の「?」を解決するためのページです。ユニバーサルデザインの楽しさや大切さを紹介しています。