パナソニックの学び支援プログラムをお申し込みいただいた先生へ 「深い学び」への活用のご提案

■ 新着情報

対象 ▶ 中学生・高校生

オリンピックとパラリンピックを題材とした教育プログラム【毎月最終金曜日の更新!】

対象 ▶ 中学生

私の行き方発見プログラム【毎月最終金曜日の更新!】

対象 ▶ 小学生・中学生・高校生

キッド・ウィットネス・ニュース(KWN)

【学校向け教育プログラム】

持続可能な社会をつくるのは人であるという考え方のもと、「これからの社会を生きる上で必要な資質・能力」の伸長や「グローバル人材」の育成の観点から、当社がもつ強みやリソースを活かした様々なプログラムを世界中に提供し、子どもたちや若者たちがその能力と可能性を最大限発揮できるよう応援してまいります。

【先生のためのお役立ち情報】

いいね!

今月の「お役立ち情報」

◆プログラムに活用できる動画紹介②

  • プログラム教材以外で授業に活用できる動画素材を  
    お届けします。パナソニックグループの製品や企業情報を  
    映像で発信する「チャンネルパナソニック」という  
    動画ポータルサイトから、プログラムに活用できる動画を  
    ピックアップして紹介します。
  • オリンピックの様々な情報を数字で伝える  
    「Olympic Games by Numbers (2019)
    ~オリンピックが楽しくなる数字のお話~ 」と
    視覚障がい者マラソンの伴走者をつとめるパナソニック社員へ
    インタビュー映像「視覚障がい者マラソン伴走者
    ~パラリンピックを目指すパナソニック社員~」の
    2つの動画をお届けします。
いいね!

今月の「お役立ち情報」

◆【数学で行うキャリア教育のポイント】
   問題解決の過程を重視した授業で数学的思考力を向上
   キャリア・パスポートとリンクする「自分の“行き方”発見」教材

教科の視点からキャリア教育を考えるシリーズの3回目として、東京都中学校進路指導研究会事務局長としてキャリ教育に関する実践研究を牽引している東京都世田谷区立深沢中学校・学習進路部研究主任の深沢享史先生に、ご自身の担当教科である数学で行うキャリア教育のポイントと、『私の行き方発見プログラム』を効果的に活用するための実践的なヒントについて話を伺いました。