パナソニックの学び支援プログラムをお申し込みいただいた先生へ 「深い学び」への活用のご提案

■ 新着情報

対象 ▶ 中学生・高校生

オリンピックとパラリンピックを題材とした教育プログラム【毎月最終金曜日の更新!】

対象 ▶ 中学生

私の行き方発見プログラム【毎月最終金曜日の更新!】

対象 ▶ 小学生・中学生・高校生

キッド・ウィットネス・ニュース(KWN)

【学校向け教育プログラム】

持続可能な社会をつくるのは人であるという考え方のもと、「これからの社会を生きる上で必要な資質・能力」の伸長や「グローバル人材」の育成の観点から、当社がもつ強みやリソースを活かした様々なプログラムを世界中に提供し、子どもたちや若者たちがその能力と可能性を最大限発揮できるよう応援してまいります。

【先生のためのお役立ち情報】

いいね!

今月の「お役立ち情報」

◆「特別企画:オンライン授業 実践事例シリーズ!
  第四弾:オンライン授業実践教員へのインタビュー②」

  • 緊急事態宣言や休校措置で学習機会の確保が難しい中、  
    オンライン授業でパナソニックのプログラムを活用した  
    実践事例に関する情報をお届けするシリーズ発信。
  • 第四弾はオンライン授業を実践された  
    箕面自由学園中学校の安田誠先生に対して行った  
    インタビュー内容をお届け。 
オンライン授業の様子
オンライン授業
いいね!

今月の「お役立ち情報」

◆【社会科で行うキャリア教育のポイント】
 「社会分業」の授業で活用できる
 『私の行き方発見プログラム』教材

学校の教育活動全体を通じて、組織的かつ計画的なキャリア教育を行う上で、日々の教科の授業の中でキャリア教育とのつながりをいかに図るのかという視点が、ますます重要となっています。

今回は、長年にわたり社会科教育の先行的な実践研究に携わり、専門的作業協力者の1人として新学習指導要領の策定にも関わった東京都目黒区立東山中学校の三枝利多先生に、社会科で行うキャリア教育のポイントについて話を伺いました。