『オプション』

さまざまな測定を実現する、UA3Pのオプションを紹介いたします。

オプション ハードウェアの対象機種

オプション ハードウェアの対象機種

スタイラス

上面測定用ダイヤスタイラス
モバイル用レンズ、回折格子などの微細形状測定に対応

上面測定用ダイヤスタイラス

上面測定用ルビースタイラス※1
高真球度ルビー球を採用し、汎用測定にご使用いただけます。

上面測定用ルビースタイラス

側面測定用スタイラス※2
先端は超硬及びルビーがあります。

側面測定用スタイラス

傾き偏心測定治具

レンズ面間偏心測定
3個の校正用基準球を備えた治具にレンズを固定し、レンズの両面を測定することによりレンズ面間偏心を評価します。

非球面-非球面レンズの場合
レンズ光軸傾き・偏心ズレの評価例
傾き偏心測定治具

観察カメラ

対象機種:全機種
測定箇所を拡大表示し、スタイラスの位置合わせを容易にします。

観察カメラ

ウェーハレベルレンズ(WLL)

対象機種:UA3P-500H/650H/700H
ウェーハ内のレンズ形状および傾き偏心評価が可能です。

ウェーハレベルレンズ(WLL)

※注意事項
※1 ルビースタイラスはアルミ材料や、コーティングされたレンズを測定する場合、摩擦抵抗が大きくスタイラスを破損する場合があります。
※2 側面測定用スタイラス(φ30μm~φ300μm)を使用する場合、目視ではスタイラス先端部が見えにくいため観察カメラが必要になることがあります。
◆ この他にも、スタイラスの長さ、先端球の大きさ・材質が違うものを用意しておりますので、詳細につきましては弊社各営業所までお問い合せください。

オプション ソフトウェアの対象機種

オプション ソフトウェアの対象機種

円周走査測定ソフト

測定物を円周状に走査して測定します。
・中心部が中空の測定物も測定可能。
・同心円のライン数は最大1200ライン

円周走査測定ソフト

ユーザ定義式ソフト(自由曲面など)

標準登録されているレンズ設計式以外の設計式にも対応が可能です。設計式、偏微分式の計算部分をC言語で作成することで、
"ISO10110-12"の全てを網羅できます。

ユーザ定義式ソフト(自由曲面など)

点群データ設計式作成ソフト

与えられた3次元の点群データに対して、スプライン関数を用いて短形状の曲面を作成します。

設計式の作成
遠近両用めがねの評価

フィッティングソフト(回転対称)

設計式が不明な測定物の設計式を、測定データから求めることが可能です。

※係数は20次までは標準対応、別オプションで最大40次まで拡張可能。

自動測定

複数のレンズを連続で測定およびアライメント、データ出力まで自動で対応します。
対象機種:
UA3P-400Tを除く全機種
※400T用自動測定は、GUI操作を強化した別のオプションソフトがあります。ご興味がある方はお問合せください。

自動測定

・プローブの移動、フォーカスON/OFFなど全て自動
・各種エラーの発生にも対応可能

※治具はお客様準備