アレルギーの原因となるおもな吸入系アレルゲン17種の抑制検証

画像:花粉 昆虫 猫  テキスト:アレルギーの原因となるおもな吸入系アレルゲン17種の抑制検証

空質改善機能を強化した高機能帯電微粒子水(ナノイーX)が、主要アレルゲンであるアレルギー性疾患検査「View 39」に含まれる生物由来の吸入系アレルゲン17種を分解し、無力化することを実証!試験の結果、高機能帯電微粒子水(ナノイーX)を24時間照射することで生物由来の吸入系アレルゲン17種を分解・無力化※することが確認出来ました。

※試験は24 m³の試験空間で実施され、実使用における製品の効果を実証したものではありません。

画像:アレルギーに苦しむ女性 テキスト:17種の吸入系アレルゲンを無力化

背景

日本をはじめとする先進国では、アレルギー性疾患の患者数が増加傾向にあります。大きな原因の1つとして清潔な住環境で育った子ども達の免疫力が落ちているなど、現代社会ならではの背景が挙げられます。アレルギーの原因となる物質「アレルゲン」は、身の回りに多数存在しており、特に小さな子どもがいる家庭ではケアと対策が必要です。

「View 39」とは?

花粉やダニなどの「吸入」系や、食物などの「摂取」系アレルゲン(食餌アレルゲン)39種について簡易的に行えるアレルギー検査であり、アレルギーの症状が疑われる疾患原因の推定や、今後症状が出る可能性があるアレルゲンを把握することができます。

表:View39を構成するアレルゲン

※今回の検証では、吸入系18種の内、構成する物質が特定できないハウスダストを除いた生物由来の17種を検証対象と設定

検証結果

「View39」吸入系アレルゲン全17種を分解・抑制

「View 39」に含まれる生物由来の吸入系アレルゲン17種に対して、高機能帯電微粒子水(ナノイーX)による分解を確認しました。

結果画像:高機能帯電微粒子水を24時間曝露した後の樹木花粉アレルゲン4種の分解・抑制の様子

高機能帯電微粒子水(ナノイーX)を24時間曝露した後の
樹木花粉アレルゲン4種の分解・抑制の様子

結果画像:高機能帯電微粒子水を24時間曝露した後の草本花粉アレルゲン4種の分解・抑制の様子

高機能帯電微粒子水(ナノイーX)を24時間曝露した後の
草本花粉アレルゲン4種の分解・抑制の様子

結果画像:高機能帯電微粒子水を24時間曝露した後の動物アレルゲン2種の分解・抑制の様子

高機能帯電微粒子水(ナノイーX)を24時間曝露した後の
動物アレルゲン2種の分解・抑制の様子

結果画像:高機能帯電微粒子水を24時間曝露した後の昆虫アレルゲン2種の分解・抑制の様子

高機能帯電微粒子水(ナノイーX)を24時間曝露した後の
昆虫アレルゲン2種の分解・抑制の様子

結果画像:高機能帯電微粒子水を24時間曝露した後の真菌アレルゲン4種の分解・抑制の様子

高機能帯電微粒子水(ナノイーX)を24時間曝露した後の
真菌アレルゲン4種の分解・抑制の様子

結果画像:高機能帯電微粒子水を24時間曝露した後のダニアレルゲン1種の分解・抑制の様子

高機能帯電微粒子水(ナノイーX)を24時間曝露した後の
ダニアレルゲン1種の分解・抑制の様子

麻布大学 阪口 雅弘 名誉教授のコメント

「View 39」の吸入抗原である17種のアレル物質に対する分解効果を電気泳動で調べた検証実験において高機能帯電微粒子水(ナノイーX)はその分解効果が十分に認められました。「View 39」は吸入系の代表的なアレル物質である「花粉、ダニ、ペット、昆虫、真菌」を網羅しており、高機能帯電微粒子水(ナノイーX)はさまざまなアレルギー症状緩和に有効なデバイスであるといえます。

【プレスリリース】

高機能帯電微粒子水「ナノイーX」(※1)が、アレルギー性疾患検査「View 39」に含まれる吸入系アレルゲンすべてを無力化することを検証(2016年8月25日)
https://news.panasonic.com/jp/press/data/2016/08/jn160825-4/jn160825-4.html

Our website uses cookies and similar tools to improve its performance and enhance your user experience and by continuing to use this website without changing your settings, you consent to their use. To find out more about the cookies we use or how to change your settings, please see our Cookie Policy. OK