世界初!生活空間を想定した6畳の広さで新型コロナウイルスの抑制検証

画像:コロナウイルス 6畳空間 テキスト:世界初!生活空間を想定した6畳の広さで新型コロナウイルスの抑制検証

2022年3月、パナソニックは帯電微粒子水(ナノイー)技術について、世界初となる生活空間に近い広さの試験空間(約6畳 /24 m³)で検証。帯電微粒子水(ナノイー)を8時間照射することで、モノに付着した新型コロナウイルスを99%以上抑制※することを実証しました。

※試験は24 m³の試験空間で実施され、実使用における製品の効果を実証したものではありません。

画像:コロナウイルス 6畳空間 テキスト:新型コロナウイルスを6畳空間で99%以上抑制

背景

2019年に発見され、世界に感染拡大した「新型コロナウイルス感染症」。全世界の累積感染者数は5億人、死者数は600万人を超えました。これまでも新型コロナウイルス(SARS−CoV−2)に対する抑制効果(2020年7月)や、新型コロナウイルス変異株4種に対する抑制効果(2021年11月)について帯電微粒子水(ナノイー)の検証をしてきましたが、小さな試験空間(45L)での実施でした。

※今回の検証は密閉された試験空間での結果であり、実使用空間における効果を検証したものではありません。

検証結果

新型コロナウイルス(デルタ株)を99.8%抑制

約6畳(24 m³)という大きな試験空間においても、帯電微粒子水(ナノイー)技術による新型コロナウイルス デルタ株への99.8%以上のウイルス感染価の減少を確認しました。

グラフ:帯電微粒子水を8時間曝露した後の新型コロナウイルス デルタ株の抑制率99.8%

帯電微粒子水(ナノイー)を8時間曝露した後の
新型コロナウイルス デルタ株の抑制率

写真:新型コロナウイルス デルタ株の抑制検証のプラーク写真

プラーク写真

検証方法について

これまでの新型コロナウイルスに対する検証では45Lの小さな空間での実施でしたが、今回は24,000L、約6畳(24 m³ / 2700 mm × 3640 mm × 2450 mm)の実験用チャンバーに帯電微粒子水 (ナノイー)発生装置を搭載した送風装置を配置し、検証を行いました。

画像:新型コロナウイルス抑制検証の試験環境

【プレスリリース】
世界初※1 約6畳(24 m³)の試験空間における付着新型コロナウイルスへの「帯電微粒子水(ナノイー)」技術の抑制効果を検証(2022年3月1日)
https://news.panasonic.com/jp/press/jn220301-3

Our website uses cookies and similar tools to improve its performance and enhance your user experience and by continuing to use this website without changing your settings, you consent to their use. To find out more about the cookies we use or how to change your settings, please see our Cookie Policy. OK