RE100工場稼働

RE100 工場稼働

「純水素型燃料電池」「太陽電池」「リチウムイオン畜電池」を活用した RE100ソリューションを実証

パナソニック株式会社は、純水素型燃料電池と太陽電池を組み合わせた自家発電により、事業活動で消費するエネルギーを100%再生可能エネルギーで賄う「RE100ソリューション」実証施設「H2 KIBOU FIELD」を2022年4月15日より稼働しました。
本格的に水素※1を活用する工場のRE100化は、世界初※2の試みとなります。

今回、滋賀県草津拠点に5kW純水素型燃料電池99台(495kW)と太陽電池(約570kW)を組み合わせた自家発電設備、そして余剰電力を蓄えるリチウムイオン蓄電池(約1.1MWh)を備えた大規模な実証施設を設置しました。ここで発電した電力で草津拠点内にある燃料電池工場の製造部門の全使用電力を賄うとともに、3電池連携による最適な電力需給運用に関する技術開発および検証を行います。

本実証を通じて純水素型燃料電池の運用を含めたエネルギーマネジメントに関するノウハウ・データの蓄積と実績構築を図り、自家発電により事業活動に必要な再エネ電力を賄う「RE100ソリューション」の事業化を目指します。

パナソニックは、カーボンニュートラル社会に向けてグループが掲げる長期環境ビジョン「Panasonic GREEN IMPACT」に基づき、再生可能エネルギーの導入拡大に向けて、水素※1の本格活用という新たな選択肢の提案を行い、脱炭素社会の実現に貢献していきます。

世界初※2、水素※1を活用した
工場の再生可能エネルギー
100%化に向けた実証

イメージ画像:H2 KIBOU FIELD Panasonic GREEN IMPACT

3電池連携の
エネルギーマネジメントシステムで
最適かつ安定した電力供給

画像:7月~8月での発電量のイメージ

純水素型燃料電池の複数台設置と
運転制御による長期運用、
無停止メンテンナンス化

イメージ写真:純水素型燃料電池

※1. 環境価値証書の活用を含む再生可能エネルギーにて生成されたグリーン水素を活用することでRE100に対応可能、実証開始時は再エネ由来の水素を用いるものではありませんが、将来的には再エネ由来の水素を使用したRE100化を目指しています

※2. 工場の稼働電力を賄う自家発電燃料として本格的に水素を活用した実証において(2022年3月31日現在、パナソニック調べ)