健康経営

健康経営宣言

パナソニック株式会社は、ミッションの「Life tech & ideas 人・社会・地球を健やかにする。」を実現するため、一人ひとりに寄り添い、心身ともに健康で、“人”が活きるカルチャーの創造と職場環境の整備に、組織全体で取り組むことを宣言します。

パナソニック株式会社
代表取締役 社長執行役員 CEO 品田 正弘

方針

  • 従業員全員が、一人ひとりの違いや背景を尊重し、あらゆる機会が均等に与えられることで、パフォーマンスの最大発揮を実現し、働きがいと誇りを感じる会社を目指します。
  • 経営理念に示された「人間尊重」の精神に基づき、心身ともに健康で安全に働ける快適な職場の実現に向けて、万全の配慮と不断の努力をします。

これらを様々な機関と協働・推進し、くらしになくてはならない価値の創造と社会への貢献へつなげます。

パナソニック株式会社
執行役員 CHRO 加藤 直浩

推進体制

代表取締役社長と経営会議を推進トップとし、CHRO方針のもと、健康経営推進プロジェクトを置きます。健康保険組合、全国健康管理室、産業医、労働組合と強く連携し、従業員の心身の健康増進と共に社員のエンゲージメント向上を実現するため、衆知を集める体制で取り組みます。

健康経営戦略マップ

全従業員のパフォーマンス向上や心身共に健康で安全に働ける職場環境の構築をするため、各種健診や研修の実施、働く環境の整備、職場マネジメントツールの導入、コミュニティ推進施策などを実施します。