若い男性と女性のエンジニアと建築家のチームは、工場で建設現場の床に建築設計図のレイアウトを測定、会議、議論、設計、計画を行います。

必要加湿量の簡易計算ツール

工場での加湿利用を想定した設計支援ツールです。
こちらのツールをご利用頂くことで必要加湿量の計算だけでなく、
必要なハードウェアの数量や消費エア量、消費水量まで算出可能です。

簡易計算ツールの使い方

必要加湿量の計算方法
  1. 冬季の外気湿度が最も低くなる条件で、室外空気の温度(℃)、湿度(%RH)を入力します。
  2. 1. のときの工場内の温度(℃)、湿度(%RH)を入力します。※1., 2.の絶対湿度は自動で計算されます。
  3. 工場のたて、よこ、高さの空間サイズ(m)を入力します。    
  4. 外気と工場内空気との換気回数(回/h)、または、換気風量(㎥/h)を入力します。ラジオボタンで入力方法を切り替えることができます。
パナソニック工場加湿用簡易設計ツール操作画面_01
必要加湿量の計算方法(冷房運転を考慮する場合)
  1. 工場内の冷房運転を考慮する場合は、「冷房運転を考慮」の「v」ボタンを押してください。
  2. 「冷房運転を考慮」の表示枠内の「v」ボタンを押すと、工場の敷地面積に応じて、一般的に必要な空調機の冷房能力が自動で計算されます。特別な熱源を考慮する必要がある場合は、お客様が冷房能力を入力してください。
  3. 空調機の冷房顕熱比を入力します。デフォルト値は0.81です。使用される空調機の冷房顕熱比に変更してください。
  4. その他の項目は自動で計算され、冷房による除湿量(kg/h)を推計します。
  5. 除湿量を加味して、必要な加湿量(kg/h)を出力します。
  6. 工場の環境条件を変更した場合、「再計算」ボタンを押下すると、6.を自動計算し、7.をデフォルト値に戻し、8. を自動計算し直します。
  7. 「冷房運転を考慮」の「^」ボタンを押下すると、冷房運転の考慮を停止します。
パナソニック工場加湿用簡易設計ツール操作画面_02
パナソニック工場加湿用簡易設計ツール操作画面_03
必要なハードウェアの数量の確認方法
  • 必要加湿量を出力すると、工場加湿システムに必要なハードウェアの数量を出力します。ノズルユニット(Gタイプノズルを4個使用)の噴霧量は140mL/minで、稼働率100%、安全率1.2として計算されます。
パナソニック工場加湿用簡易設計ツール操作画面_04
  • 「必要加湿量」の表示枠内の「v」ボタンを押下すると、前の手順で求めたハードウェア構成に対して、消費エア量(NL/min, NL/h)、総消費水量(mL/min)、有効加湿量(kg/h)を算出します。
パナソニック工場加湿用簡易設計ツール操作画面_05

(別ウィンドウが開きます)
※スマートフォンでの利用には対応しておりませんので、PCもしくはタブレット環境でご利用下さい。

免責事項

当ホームページに掲載されている情報の正確性については万全を期しておりますが、パナソニック株式会社は利用者が当ホームページの情報を用いて行う一切の行為について、何らの責任を負うものてはありません。計算結果に起因して利用者に生じた損害につき、パナソニック株式会社としては責任を負いかねますのでご了承ください。

カタログや図面のダウンロードはこちら

お見積りの依頼・デモをご希望の方はこちら