ごあいさつ

弊社は、パナソニック株式会社が100%出資する知的財産専門会社として、2014年9月に設立いたしました。

設立の趣旨は、パナソニックグループ内の知的財産における創造・保護・活用や、係争の予防と解決など、知的財産活動の主軸機能を事業化し、その経営責任を明確化するとともに、パナソニックの事業の創出と成長へ、より積極的な貢献を実現することを目的としております。

企業内の知的財産業務に関する高度なノウハウの強みを発揮し、知的財産をビジネス貢献に結び付ける“活用起点の知財活動”を拡大してまいります。

パナソニックIPマネジメント株式会社

代表取締役社長 足立 和泰

写真:パナソニックIPマネジメント株式会社 代表取締役社長 足立 和泰

企業スローガン

All for Your Business

パナソニックIPマネジメント株式会社が、事業の創出と継続的な成長に貢献するために、日々の知財活動において高度な専門力と多彩な知恵を結集し、期待を越える知財ソリューションを提供する存在になることを宣言します。

私たちの提供価値

私たちの提供価値 Professional 専門力 Integrator 連携・統合力 Proposer 提案力 More Challenge 挑戦

Professional
専門力

私たちは、創造から活用にいたる知財業務と、多様な事業・地域等を熟知したプロフェッショナル集団として、知的財産の価値を高め、事業成果の最大化に貢献します。

Integrator
連携・統合力

私たちは、知財業務、事業、地域にまたがる専門家同士のしなやかな連携により、事業の創出と成長発展にとって最適な知財ソリューションを提供します。

Proposer
提案力

私たちは、経験に基づく洞察力と現場の生の情報を最大限活用することで、他に先駆けた事業・技術・知財三位一体の戦略の創案と、新しいビジネスモデルの創造に寄与します。

More challenge
挑戦

私たちは、自ら考え動く主体性と、自由闊達に議論を戦わす風土を基盤に、常に高い士気のチームワークのもと、期待を超える価値の創造に挑戦しつづけます。

会社概要

名称

パナソニックIPマネジメント株式会社

英文名称

Panasonic Intellectual Property Management Co., Ltd.

所在地

〒540-6207
大阪府大阪市中央区城見2-1-61 OBPパナソニックタワー内

設立

2014年9月1日

社長

足立 和泰

業務概要

知的財産の調査、出願・権利化、維持・管理、知的財産の利用許諾等に関する契約・交渉等の知的財産業務全般

出資構成

パナソニック出資管理合同会社 100%

企業理念

知的財産の創造から活用にわたり、高度な専門力と多彩な知恵を結集し、期待を超える知財ソリューションを提供することで、事業の創出と継続的な成長に貢献し、産業の発展に寄与します。

社会貢献

創業100年を迎えたパナソニックは、「人々のくらしをより良いものにする」という社会的な使命を次の100年も果たしていくために、これまで以上に「地球環境への配慮」と「人々の快適な生活」の実現に向けた事業活動を展開いたします。当社は、パナソニックグループの知財活動を遂行する企業として、環境技術に関する知的財産をグローバルに活用し、環境対応をはじめ社会課題の解決に真摯に取り組んでまいります。

WIPO GREEN

パナソニックグループは環境技術の普及とイノベーションを促進する「WIPO GREEN」の趣旨に賛同し、パートナーとして参画させていただきました。当社の環境技術の中で地球環境への負荷低減に貢献する特許を「WIPO GREEN」に登録し、さまざまな企業に技術を提供してまいります。

外部サイトへ移動します
※当社の環境技術も紹介されています

沿革

2014年9月

パナソニックIPマネジメント株式会社を設立
取締役社長に豊田秀夫が就任

2014年10月

パナソニック・グループ全社の知財信託業務を開始
信託業法に基づく知財信託スキームを活用、パナソニック(株)から信託を受けた出願業務を開始。

2017年4月

社長交代 取締役社長に足立和泰が就任

2019年10月

会社設立5周年 記念イベント開催