事業紹介

サービス

知的財産の創造から活用までのトータルソリューションを提供。

パナソニックIPマネジメント株式会社は、パナソニックグループ内の知的財産に関する業務を集約・事業化するため、信託業法第51条に定められた「同一の会社集団に属する者の間における信託」を活用することで、幅広い知的財産業務の遂行を可能とし、知的財産に関するワンストップソリューションを提供しております。具体的には、国内外の知的財産の調査、出願・権利化、維持・管理、利用許諾・譲渡・譲受等に関する交渉等、知的財産に関する業務を集約し、高度な専門性をもって遂行することで、新規事業の創出と既存事業の強化に貢献しています。

サービスの流れ 創造から ①調査 ②知財戦略策定 ③発明発掘、出願、権利化 ④社内知財制度、知財管理 ⑤知財啓発活動 ⑥知財ライセンス(活用)・評価 ⑦知財リスク調査 ⑧模倣品対策 活用まで

①調査※
技術動向調査、パテントマップ作成、特許情報に基づく知的財産戦略の策定支援
新規事業に付するブランドについて、調査、管理活用まで含めた商標戦略策定支援

②知財戦略策定※
調査結果を参酌し知的財産の取得、活用戦略や知財リスク対策戦略の策定に関するコンサルティング

③発明発掘・出願・権利化
発明発掘支援、先行技術調査、商標調査、国内・外国出願

④社内知財制度・知財管理
知的財産権に関する社内制度策定支援、
保有する知的財産の管理手法に関するコンサルティング

⑤知財啓発活動
知財担当者ならびに技術者、責任者への各種知財研修等
知財啓発活動支援

⑥知財ライセンス(活用)・評価
知的財産権の評価アドバイス、技術移転アドバイス

⑦知財リスク調査※
無効資料調査(特許/非特許文献調査)、他社特許調査

⑧模倣品対策
被害実態調査、ECサイト対策のコンサルティング
予防施策、政府機関へのロビー活動に関するコンサルティング

※知財戦略策定、調査のソリューションの一部は、パナソニックグループ外のお客様へもサービスを提供しております。