くらしを楽しもう

くらしを楽しもう #StayHome

お家で楽しめるコンテンツをご用意しました。ぜひご覧ください。

【リスーピア アーカイブス】

「リスーピア」は、2006年にオープンした理数の魅力と触れ合うための体感型ミュージアム。
2020年に閉館となりましたが、皆様にいつまでもその展示やワークショップなどを、Webを通じてお楽しみいただきたいと、「リスーピア アーカイブス」サイトを公開いたしました。
これまでのリスーピアファンの皆様、そして今後このサイトに初めて訪れる皆様にもそのコンテンツを通じて理数の魅力に触れ、興味を深めていただけると幸いです。
どうぞ、お楽しみください。

【2030年 テクノロジーと生きるわたしたちのWell-being】

ロボティクス技術などの先端テクノロジーの活用で、人やくらしがより豊かになる社会の実現を目指す「Aug Lab」の活動において、これから訪れるNew Normal時代以降のWell-beingの姿を探索するオンラインセミナーを、4回にわたって開催。
さまざまなプロトタイプの開発担当者と有識者の対話を通して、アイデアの実現に向けた議論を展開しました。

【ソウゾウするちから -ヒトのココロを想い、トキのあり方を考える-】

私たちの日常のあり方は常に変化しています。
昨今の新しい日常生活は、自分自身を見直すきっかけとなり、人々の価値観に大きな変化を与えました。
めまぐるしく変わる世界のなかで、日々自分らしく、丁寧に生きていくこと。
それを持続させるためには何が必要なのか。また、持続の妨げとなるものは何か。それを乗り越えていくためには何が必要か。
自分を見つめ直すことで社会に必要な変化を見つけることに、みなさんと挑戦する思いで、本イベントを開催しました。

【STEAM教育に関するオンラインワークショップ 未来をソウゾウするちから ~The power to create the future~】

世界をとりまく未曽有の事態を受け、人々の生活や価値観が大きく変化しています。
パナソニックでは、「ものをつくる前に人をつくる」という創業者の理念が、今でも社員一人ひとりにDNAとして根付いています。未来を考え、創造する上で教育は間違いなく重要な要素の1つです。また、SDGsなど社会課題が複雑・多様化しており、STEAMのアプローチで様々な課題に取り組む重要性は今後増してくると思われます。
その思いで、今回、未来を変える力を持つ子どもたちを対象に「STEAM教育」をテーマにしたワークショップ型オンラインイベントを開催しました。
(全編英語です)
※STEAM教育とは、Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Mathmatics(数学)を統合的に学習する「STEM」教育に、Art(芸術)を加えて提唱された教育手法のこと。

【親子で聞こう#StayHome オンラインイベント「ソウゾウするちから」】

世界をとりまく未曽有の事態を受け、人々の生活や価値観が大きく変化しています。
今後、くらしをより良くするためには、どんなアイディアが求められていくのでしょうか。
アートとテクノロジーの視点から二人の講師の話を聞きながら、私たちの新しい未来について考えてみましょう。

【ソウゾウするちから -自分との闘い-】

Panasonicのブランドアンバサダーである國米櫻選手をゲストに、トークイベントを開催しました。
日本発祥の武道である「空手」や、その競技である「形」の魅力について、また常に自分と闘い続けてきたご自身の経験、コロナ禍にある今のお気持ちなどを伺い、強い意志を持って生きるアスリートの生きざまに触れていきます。

【Team Panasonic ブランドアンバサダー 國米櫻のバーチャル空手教室】

空手米国代表選手であり、当社ブランドアンバサダーの國米櫻さんと、パナソニックノースアメリカは、コロナ感染拡大の影響で在宅中の皆様に元気になっていただきたいとの思いで、おうちでできるバーチャル空手クラスを2020年4月23日(木曜日)から3回にわたり、毎週木曜朝8時からインスタグラムのライブ配信で開催しました。
その様子を編集し、ここに公開します。全編英語ですが、私たちにも馴染みのある空手、ぜひご家族でご覧ください。

國米櫻さんプロフィール
ハワイ州ホノルル出身の日系アメリカ人。空手世界ランク5位、米国1位。(2020年4月1日現在)
6度のパンアメリカン・チャンピオン、8度の全米チャンピオンとなる。
7歳より空手を始め、14歳でアメリカ代表選手に選ばれる。
本格的に空手を習いたいとの思いで、日本の高校に進学、岡山学芸館高校、同志社大学、早稲田大学大学院を卒業。大学院では国際文化とインターナショナルコミュニケーションを研究した。
現在、スポーツに還元する思いでロサンゼルス・リトル東京で子どもたちに空手を教えるなどの交流をしている。
2020年1月6日、世界最大の技術見本市CESで、当社が発表したTeam Panasonicのブランドアンバサダーとして、マイケル・フェルプス氏、ケイティ・レディッキー選手、レックス・ジレット選手と共に名を連ねる。