KWN 日本コンテスト 2018 最優秀作品賞ノミネート作品

2019年2月6日にパナソニック東京汐留会場で最終審査会が行われ、小学生部門、中学生部門、高校生部門の最優秀作品賞ノミネート作品
(入賞校)が決定しました。各部門の最優秀作品賞は、2019年3月16日(土)にWonder LAB Osaka【ワンダーラボ大阪】で開催される
日本ンコンテスト表彰式にて発表となります。小学生部門4作品、中学生部門3作品、高校生部門4作品の最優秀作品賞ノミネート作品
の映像を公開しましたのでご覧ください。

小学生の部門 最優秀作品賞ノミネート作品

結~みんなの絆~

制 作: 神奈川県 横浜国立大学附属鎌倉小学校
グループ名:6年1組撮影班チームA

シロと風呂敷~風呂敷を世界中に~ 

制 作: 神奈川県 森村学園初等部
グループ名:3年藤組

いじめ ~してはいけないこと できること~

制 作: 熊本県 荒尾市立桜山小学校
グループ名:桜山ビデオクラブ

口永良部 雪はふらぬが 星はふる

作品名: 口永良部 雪はふらぬが 星はふる
制 作: 鹿児島県 口永良部島子ども会

中学生の部門 最優秀作品賞ノミネート作品

Carry that weight 

制 作: 福島県 いわき市立平第三中学校
グループ名:キャリア教育推進委員会

7 years ~大和魂~

制 作: 福島県 相馬郡飯舘村立飯舘中学校
グループ名:飯館中 メディア班

原点

制 作: 兵庫県 神戸市立太山寺中学校
グループ名:神戸市立太山寺中学校 放送部

高校生の部門 最優秀作品賞ノミネート作品

覚悟

制 作: 福島県立いわき光洋高等学校
グループ名:放送委員会 チーム小宮

New friend

制 作: 東京都立立川ろう学校
グループ名:高3情報系

2018年度 最優秀作品賞ノミネート作品/山からとれる 海の幸【高校生部門】
※肖像権の都合によりWEB上での動画配信を控えさせていただいております。

山からとれる 海の幸

制 作: 大阪府立茨木高等学校
グループ名:IMG

あと5分で僕たちは。

制 作: 三重県立松阪高等学校
グループ名:松阪高校 放送部

※当サイト内で掲載する写真および映像は、応募校様からの事前同意に基づき掲載しております。
なお、掲載中止に関する応募校様からの正式な申し入れにより、掲載を停止することができます。

【連絡先】パナソニックキッズスクール KWN日本運営事務局 パナソニック学び支援プログラム インフォメーション
                    TEL:03-3572-0811 FAX:03-3572-0851 (土日祝日を除く平日9時から17時まで)

KWN 日本コンテスト 2018 表彰式

コンテスト概要

KWN 日本コンテスト 2017 応募規定

作品テーマ

「環境」「コミュニケーション」「スポーツ」のいずれか
(KWN日本ローカルテーマ/「SDGs」17の目標項目から選択)

作品時間

 5分以内

応募部門

「小学生部門」「中学生部門」「高校生部門」

昨年まで「小学生部門」と「中学生・高校生部門」の2部門として日本コンテストを実施してまいりましたが、KWN日本ローカル規定として、本年度より「小学生部門」「中学生部門」「高校生部門」の3部門制とします。

※KWNグローバルコンテストでは部門改訂がありませんので、日本の中学生部門、高校生部門の中から1作品を選び、KWNグローバルコンテストの「中学生・高校生部門」にエントリーをいたします。

応募資格
  • 小学生、中学生、高校生を対象
  • 学校内のクラブ、有志、クラス等のグループであること
  • 指導できる先生または担当者がいること
  • 学校長の承認を得ていること
  • 活動報告書と作品の提出ができること

KWN 日本コンテスト 2018 表彰式概要

日時

  2019年3月16日(土) 

会場

  Wonder LAB Osaka(ワンダーラボ大阪)

  住所:〒571-8501 大阪府門真市大字門真 1006 
      〈パナソニック (株) 先端研究本部 西門真地区〉

  ※表彰式の一般見学はできませんので、予めご了承ください。 

表彰式の様子

▲2018年3月4日 パナソニックセンター東京で開催された表彰式の映像

▲2018年3月4日 パナソニックセンター東京で開催された表彰式の写真

MC紹介

当日は、会場を盛り上げてくれるスペシャルMC。
当日は、会場を盛り上げてくれるスペシャルMC。
当日は、会場を盛り上げてくれるスペシャルMC。

審査プロセス

審査プロセス(KWN 日本コンテスト 2018)

最終審査員紹介

黒上 晴夫 氏

関西大学
総合情報学部
教授

黒上 晴夫 氏

メディアを活用した授業デザインやカリキュラム開発、「学び」に関するシステムや評価法などについて実践的な研究を行っている。2003年KWN日本の立ち上げ時より映像指導等に深く携わり支援をいただく。

伊藤 有壱 氏

東京藝術大学
大学院
教授
伊藤 有壱

東京藝術大学美術学部デザイン科卒業。日本アニメーション協会理事 東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻教授 大阪芸術大学キャラクター造形学科客員教授クレイアニメーター、CMディレクターとしても活躍。

豊永 博隆 氏

NHK報道局
おはよう日本
おはBiz キャスター

豊永 博隆 氏

2000年から経済記者として、経済報道に携わる。旧経団連、旧通産省、財務省、電気業界などの担当記者を歴任した。現在、「おはよう日本」で6時台に経済テーマの解説者として隔週レギュラーを務めている。

中村 亮 氏

プレジデント社
プレジデントファミリー編集部
編集長

中村 亮 氏

創刊以来「プレジデントファミリー」を担当。小学生、中学生を取り巻く世界をウオッチし続けているのがプレジデントファミリーの強み。

山口 香 氏

株式会社ハット
企画演出部
ディレクター

山口 香 氏

2001年にCM監督としてデビュー。カンヌライオンズ FILM部門ブロンズ、フジサンケイ広告大賞 メディアミックス部門グランプリ。CMだけでなく、キャンペーン映像やド キュメンタリー映像も手掛けている。

香月 よう子 氏

・フリーアナウンサー
・きてきて先生プロジェクト代表理事
・内閣府知財教育推進委員

香月 よう子 氏

番組パーソナリティや省庁主催のシンポジウムのコーディネーター、話し方などの講演を行う。また東京都生涯学習審議委員、中野区次世代育成審議会委員などもつとめ、学校地域連携の仕組みを作られている。

福田 里香 氏

パナソニック(株)
ブランドコミュニケーション本部
CSR・社会文化部 部長

福田 里香 氏

入社以降、人事・労政部門にて、パナソニックグループの賃金体系など人事処遇制度の企画・運営に携わる。2010年からは、東京の渉外部門で人事・総務業務を担当。2014年5月よりCSR・社会文化部 部長を務める。