環境活動

当社は創業以来、健全な社会発展に貢献することを経営理念とし、1970年代より公害対策に取り組んできました。そして、1991年6月5日には「環境宣言」を発信し、社会の公器として地球環境問題に取り組む姿勢を社会に示すとともに、地球温暖化防止や資源循環など、持続可能で安心・安全な社会を目指した取り組みを進めてきました。

環境活動

当社は創業以来、健全な社会発展に貢献することを経営理念とし、1970年代より公害対策に取り組んできました。そして、1991年6月5日には「環境宣言」を発信し、社会の公器として地球環境問題に取り組む姿勢を社会に示すとともに、地球温暖化防止や資源循環など、持続可能で安心・安全な社会を目指した取り組みを進めてきました。

サステナブル・シーフードを社員食堂から拡げる

パナソニック株式会社は、MSC及びASC認証を取得した持続可能な水産物(サステナブル・シーフード)を、社員食堂にWWFジャパン(公益財団法人世界自然保護基金ジャパン)やサプライヤー企業の協力を得て導入を進めています。企業が社員食堂で継続的に提供するのは日本国内では初めてとなります。

エコリレージャパン

パナソニック エコリレー・フォー・サステナブル・アース

地域に根ざした環境活動をそこで働く従業員自らが企画し実施する「パナソニック エコリレー」を、地域の方々や子どもたち、従業員の家族を交えて世界各地で展開してきました。2010年10月からは世代を超えて「つなぐ」という想いをこめ、「パナソニック エコリレー・フォー・サステナブル・アース」という名称で活動を推進しています。地球市民として持続可能な地球環境と社会づくりへの貢献を目指しています。

最近の活動

    現在、新しいお知らせはございません