みんなで“AKARI”アクション

みんなで“AKARI”アクション

電気のない生活を送る人は、世界に約11億人。
このような状況を少しでも改善していきたい。
パナソニックはこれまで「ソーラーランタン10万台プロジェクト」を通じて、アジアやアフリカ諸国を中心とした無電化の国・地域30か国、131団体・機関に合計102,716台を届けてきました。「夜も勉強ができるようになり、全員が進級テストに合格できた」「夜間の出産の大きな助けになっている」「“あかり”の下、家族みんなで楽しい時間を過ごすことができるようになった」といった多くの喜びの声が届いています。

しかしながら、いまだ無電化の地域に暮らす人々は、様々な社会課題を抱えています。
そこでパナソニックでは寄贈の輪を広げ、皆様と一緒に明かりを届ける活動「みんなで“AKARI”アクション」を2018年3月より開始しました。

皆様よりいただきましたご寄付は、子どもから大人まで学びの機会や安全な医療などに有効に活用されています。「寄付」を通じて未来を照らす“あかり”を届ける活動にぜひご参加ください。

“AKARI”の届け方

インターネット(クラウドファンディング)による寄付

インターネットを通じて活動に賛同した人々から幅広く資金を募る、クラウドファンディングを行っています。集まった資金でソーラーランタンなどの明かりを購入し、NGO/NPOへ寄贈します。プラットフォーム(運営会社)は日本のReadyforを利用します。
※現在は応募を行っておりません。

2018年11月 皆さんのご協力のお陰で目標を達成することができました

2018年6月 皆さんのご協力のお陰で目標を達成することができました

クラウドファンディングによる寄付をイメージするイラスト

古本・ディスクによる寄付

古本・ディスクによる寄付とは、不要な本、CD、DVDなどを提携会社(株式会社バリューブックス)が買い取ります。その買取金額でソーラーランタンなどのあかりを購入し、NGO/NPOへ寄付します。本やCDなど5点以上であれば、電話1本で引き取り依頼ができます。寄付対象:書籍(ISBNコードつきのもの)、CD、DVD、ブルーレイ、ゲームなど。 ※ 詳細は申し込み書をご覧ください。

古本・ディスクによる寄付をイメージするイラスト

それぞれの”AKARI”アクション

画像:為末 大 氏 本が好きですぐに溜まってしまうのですが、ちょうどよい機会と思い、古本を100冊ほど寄附しました。この寄附によって、アジアやアフリカの子どもたちが私たちと同じように夜でも本を読めるようになれればと思います。“AKARI”アクションを応援しています!

為末 大 氏

JHP・学校をつくる会
代表理事 小山内美江子さん

インドネシア
パナソニック社員
ボランティア特派員 2名

“AKARI”アクションにチャレンジ!

エコ絵日記に記録して自由研究に活用しよう。