| 社会貢献活動 |

次世代ゴルファー育成支援活動

日本ゴルフ協会のジュニア会員向けに出場プロによるレッスン会や大会観戦の機会を提供。
今後も、未来のゴルファー育成を支援していきます。

ジュニアレッスン会

2017年4月22日(土)に、パナソニックオープンレディースに出場した女子プロ選手によるジュニアレッスン会を実施しました。

写真:ジュニアレッスン会の様子
写真:ジュニアレッスン会の様子
写真:ジュニアレッスン会の様子

エスコートキッズ

4月23日(日)、子どもたちが出場選手を最終日1番ホールのティグラウンドまでエスコートしました。

写真:エスコートキッズの様子
写真:エスコートキッズの様子
写真:エスコートキッズの様子

プロツアー生観戦

4月22日(土)、23日(日)に、北海道・東北、地元千葉から、ジュニアゴルファーをご招待しました。

KWNキッズレポート

パナソニックの映像制作支援プログラム「キッド・ウィットネス・ニュース(KWN)」に参加してくれている東京都調布市の桐朋女子中学校の子どもたちが、パナソニックオープン2017をレポートしてくれました。

KWN(キッド・ウィットネス・ニュース)とは?
パナソニックが1989年にアメリカではじめ、現在ではグローバルに展開する小・中学校・高等学校レベルの子どもたちを対象とした教育支援プログラムです。ビデオ制作活動を通じて、創造性やコミュニケーション能力を高め、チームワークを養うことを目的としています。

地域貢献活動

2016年11月14日(月)、開催自治体である野田市内の公立小学校・中学校様へ開催御礼として、下記製品・サービスを寄贈しました。当日は、ICTを活用した教室モデルの中核機器である電子黒板と、パナソニックが開発した「オリンピックとパラリンピックを題材とした教材」を活用した授業も行われ、野田市教育委員会の東條三枝子教育長から「ぜひ市内の学校でも活用を広めていきたい」とコメントをいただきました。

全公立小学校

  • デジタルカメラLUMIX「DMC-TZ85」 20式

全公立中学校

  • タッチスクリーン液晶ディスプレイ 65インチ(ディスプレイ型電子黒板) 11式
  • パナソニックの「オリンピックとパラリンピックを題材とした教育プログラム」 11式

野田市教育委員会教育長・東條三枝子様(左)と、大会事務局長・細川浩二

パナソニックの「オリンピックとパラリンピックを題材とした教育プログラム」を使用した授業の様子

東條教育長のコメント
「今回のような機会を通して学校のICT化を進められることは大変ありがたい。電子黒板に生徒たちの発表内容が大きく映し出されることで、授業に対してのモチベーション向上にも繋がっている。また、機器の寄贈だけではなく教材の寄贈や研修会によるサポートなどもあり授業での活用イメージが持ちやすかった。ぜひ市内の学校でも活用を広めていきたい」