A Better Life, A Better World

Panasonicは継続的に社会の進化に、世界中の人々の幸福に貢献する、
より良い生活、より良い世界を創造していきます。

経営理念

“私たちの使命は、生産・販売活動を通じて社会生活の改善と向上を図り、世界文化の進展に寄与すること──。綱領は、Panasonicグループの事業の目的とその存在の理由を簡潔に示したものであり、あらゆる経営活動の根幹をなす「経営理念」です。”

昭和4年、創業者の松下幸之助が制定して以来、現在に至るまで、私たちは常にこの考え方を基本に事業を進めてきました。また、海外事業展開にあたっても、その国の発展のお役に立ち、喜んでいただけることを第一義としてまいりました。社会、経済、産業… あらゆる面で大きな転換期にある今日、“社会の発展のお役に立つ”企業であり続けるために、Panasonicグループは今後も経営理念に立脚し、新しい未来を切り拓いてまいります。

信条

向上発展は各員の和親協力を得るに非ざれば得難し
各員至誠を旨とし 一致団結 社務に服すること

私たちの遵奉すべき精神

産業報国の精神
公明正大の精神
和親一致の精神
力闘向上の精神
礼節謙譲の精神
順応同化の精神
感謝報恩の精神

「7つの原則」は、基本的な経営理念を支持し、
実装における当社の基本理念である。

社長メッセージ

「A Better Life, A Better World」の実現に貢献する
「新しいパナソニック」へ

当社は1918年の創業以来、事業を通じて世界中の皆様の「くらし」の向上と 社会の発展に貢献することを基本理念とし、あらゆる活動を行ってまいりました。
常に「人」を中心に置き、その「くらし」をみつめ、
より良いものにしていく
― それが今も昔も変わらないパナソニックの原点です。
そして今、私たちが目指すのは、お客様にとっての「いいくらし」をあらゆる空間に拡げていくことです。
家の中から、オフィス、店舗、自動車、航空機、さらに街まで、 お客様が活動する様々な空間において、ハードウェア単品だけでなく、 ソフト、サービスを含めたトータルソリューションを提供し、 お客様一人ひとりにとってのより良いくらし、より良い世界 ~「A Better Life, A Better World」を追求してまいります。

そのために、これまで家電で培ってきたパナソニックの強みと、 それぞれの空間を知り尽くしたビジネスパートナーの強み、
それらを掛け合わせる「Cross-Value Innovation」によって、これまでにない新たな価値を生み出してまいります。
これが、私たちの新たな挑戦です。
こうした活動を積み重ねることで、わたしたちは「新しいパナソニック」に生まれ変わることを目指してまいります。
今後のパナソニックにどうぞご期待ください。

2014年4月
代表取締役社長
津賀一宏

事業領域

パナソニックは5つの事業領域で”A Better Life, A Better World”の実現を目指してまいります。

  • 家電
  • オートモーティブ
  • BtoBソリューション
  • デバイス
  • 住宅