エコと便利の両輪で走る、
2020年の交通インフラを
つくろう。

パナソニック サイクル & バッテリーシェアソリューション

BACKGROUND

2020年を動かす
あたらしい公共交通機関

日本の都市の構造が大きく変わろうとしているのにあわせ、いま、交通インフラの整備が進んでいます。電車、バスにつづく第3の公共交通機関づくりへ。東京の豊洲にある芝浦工業大学では、ある試みが走り出しています。NTTドコモ、ドコモ・バイクシェアと共同で進めている、電動アシスト自転車&バッテリーシェアの実証実験。これはパナソニックが、2020年と、その先のくらし創造に向けて、柱の一つに掲げる、スマートトランスポーテーションの一環でもあります。

サイクル&バッテリーシェア

芝浦工業大学で実証実験中のサイクル&バッテリーシェア

SOLUTION

シェアという
あたらしいインフラ

これからの日本に、必要な交通機関。それは、徹底的にエコで、交通渋滞の緩和に貢献できるものであるべきだ。だれもが気軽に利用できて、ますます増加する訪日外国人旅行者の観光需要にも活躍できるもの。たどり着いた答えが、電動アシスト自転車のサイクルシェアでした。これは、街のいろんな場所にあるサイクルポートに駐輪した自転車を、いつでも自由に借りて乗ることができる、あたらしい交通のしくみです。

サイクル&バッテリーシェアのしくみ

しかしその普及にはもう一つのシェアリングがカギを握っています。それがバッテリーシェアです。これはコンビニなどの店舗において、常時バッテリーを充電しておき、必要なときは自由に使えるサービス。電池切れという不安をなくすためのあたらしい社会システムです。小型で軽量、大容量、なにより安全を追求しているパナソニックのバッテリーの強みを最大限に生かしたソリューションです。

バッテリーをコンビニ等で交換

1回の充電で、約12km走行可能

PROSPECT

万が一のときの安心も
シェアする

バッテリーシェアにつかうバッテリーは、USBポートを搭載しているので、万が一の場合は取り外して、くらしの予備電源として利用することができます。

バッテリーはもしものときの予備電源に

スマホなら約4台をフル充電可能

将来的には、このしくみをさらに進化させて、自転車だけでなく、電動車いすをはじめとする、さまざまなモビリティへの活用、さらに情報ネットワークを融合させたあたらしいサービスのご提案など、これまでにない社会インフラづくりに貢献していきます。自転車の設計から製造、モーターにバッテリー。すべての技術を持つパナソニックだからご提案できるソリューション。積み重ねている数々の実証実験は、やがてモビリティそのもののあり方を変化させていくでしょう。その可能性は、まだはじまったばかりです。

A Better Life, A Better World