「いっしょにTOKYOをつくろう。」特別企画展
The Moment ~ Artistic way of looking at sports ~

パナソニックセンター東京は“参加型アクティビティ「いっしょにTOKYOをつくろう。」”プロジェクトを推進中。このプロジェクトは、東京2020公認プログラムとして、できるだけ多くの人々に参画していただき、未来の東京に遺産を引き継ぐために、次世代を担う子供たちや若者と一緒に、「スポーツ」「文化」「教育」をテーマに様々なアクティビティを2020年まで継続的に展開するものです。

今回は「文化」をテーマに、東京に芸術的ルーツを持つフランスのアーティストデュオAUDIC-RIZK(オーディック-リズク)がアスリートの躍動を極限まで写し出し、パナソニックのプロジェクター「スペースプレーヤー」と共にその瞬間をあぶり出す写真展を開催。
日仏交流160周年を機に、フランスと日本の文化交流をさらに飛躍させ、東京2020大会、パリ2024大会に向け、スポーツの魅力をアートワークでお伝えいたします。
また、「スポーツ×フォト」をテーマにした、さまざまなアクティビティも開催します。
是非、ご来場ください。

アンスティチュ・フランセ日本
日仏交流160周年

開催日:2018年10月2日(火曜日)~12月2日(日曜日)
(月曜休館、10月8日(月曜日・祝日)は特別開館)

時間:10時00分~18時00分(最終入場:17時45分)

場所:パナソニックセンター東京 1階ホール

対象:どなたでもご覧いただけます。

参加アーティスト:AUDIC-RIZK(オーディック-リズク)

プロフィール:AUDIC-RIZKは、フランス出身のJulie Audicと、Christian Rizkの2人の写真家で結成されたアーティストデュオ。それぞれ1998、2000年に文部科学省の奨学金・研究留学生として来日。その後、日本に5年間滞在した。その間、レタッチやデジタル操作を行わない厳密な写真技術に基づいたアートワークを開発。撮影時の光や湿度などの影響を受けた空気の色が映り込むことで、スポーツやアスリートの躍動感・モーションの瞬間をアート作品として表現。IOCミュージアムをはじめ、海外の多数の地域で活躍している。

主催:パナソニック株式会社

協力:公益財団法人 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会

後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
公益財団法人 日本オリンピック委員会
公益財団法人 日本障がい者スポーツ協会 日本パラリンピック委員会

入場無料
予約不要
(左)Christian Rizkさん、(右)Julie Audicさん
Christian Rizkのサイン
文化オリンピアード

会場で撮影した写真は、SNSでハッシュタグを付けてシェアしましょう。
#パナソニックセンター東京(もしくは#panasoniccentertokyo)、#The Moment
※他のお客様のご迷惑にならないよう撮影の際はご配慮ください。
他のお客様が写っている場合、その写真の公表に当たって写り込んだ方の肖像権に触れる場合がございます。

アクティビティ