AIチャットボット
FAQサービス「WisTalk(ウィズトーク)

お問い合わせ受付窓口 お問い合わせ受付窓口
NEW NEW

AIチャットボット FAQサービス「WisTalk」の最新バージョン6.0を、2019年7月末リリース
~UIや回答精度が進化し、社内ヘルプデスク業務のさらなる負荷軽減をサポート!~

  • ファイル添付機能
    チャットボットの回答に、マニュアルなどの添付が可能
  • 回答表示のリッチ化
    文字色・文字サイズの変更やリンク設定など、HTMLライクな回答表示が可能
  • Microsoft Teamsに対応
    利用者のUIとして、Microsoft Teamsが利用可能
  • グループ機能の階層化
    チャット画面上にグループ(部署)の選択画面を表示し、階層ごとにFAQ運用が可能
  • 利用統計から回答の最適表示
    複数の回答候補を表示する場合、回答内容に対するGood/Bad評価や選択頻度の利用統計から最適表示が可能
新機能イメージ図

※ 上記は新機能の一部をご紹介しております。バージョン6.0に関する詳細情報は、お問い合わせください。※ リリース時期や内容は、変更になる可能性があります。

社内問い合わせ対応の負荷を軽減し、業務を効率化!
高い回答精度」「わかりやすい管理画面」「SEによる手厚いサポート」を提供

AIチャットボット FAQサービス「WisTalk」はAIがお客様の質問内容を理解し、最適な回答を即時に自動回答するサービスです。
たとえば、社内ヘルプデスク業務において、日々発生する電話やメールなどの問い合わせ対応をAIチャットボットで自動化することで、働き方改革を推進します。
「WisTalk」の導入で24時間365日対応※2が可能となり、ピーク時間帯や就業時間外の問い合わせ対応もカバーできます。

パナソニックグループの大規模運用で培ったノウハウを凝縮したAIチャットボット FAQサービス「WisTalk」を、ぜひお試しください。

AIチャットボット FAQサービス「WisTalk」なら、AI×FAQで問い合わせ対応業務を自動化!

回答イメージ

回答イメージ

AIチャットボットで変わる!
社内ヘルプデスク業務の働き方改革

「WisTalk」の導入効果

問い合わせの自動化 イメージ

問い合わせの自動化

24時間365日対応 イメージ

24時間365日対応※2

顧客満足度の向上 イメージ

顧客満足度の向上

コスト削減 イメージ

コスト削減

UIカスタマイズ対応 イメージ

UIカスタマイズ対応

自然言語対応 イメージ

自然言語対応

※1 2016年、Google、Microsoft、奈良先端科学技術大学院大学などが組織委員となり開催された、対話技術を競う国際的なチャレンジコンテスト「DSTC5」(Fifth Dialog State Tracking Challengeの略称)で、パナソニックのトピック推定技術が世界1位を獲得。トピック推定技術とは、入力した質問のトピック(意図)を人の脳に相当するニューラルネットモデルで推定し、一番近い回答を導き出す技術のこと。
※2 システムのメンテナンス時を除きます。

AI、IoT、ICTなどを活用した
生産性向上のヒントを配信

お手持ちのQ&Aデータで
製品版と同じ環境をお試し!

商品の詳しい情報や利用に伴うコンサルティングなど
まずは、お気軽にご相談ください。

最短3週間でご利用が可能 ~ 当社SEが手厚くご支援します。~

AIチャットボットFAQにはさまざまなサービスがあり、自社に合ったものをどう選べば良いか悩ましいですよね。
最初から自社に最適なQ&Aデータが入っているわけではなく、つまり“箱だけ買ってきても、うまくいかない” と言えます。

AIチャットボットFAQサービスによる「業務コストの削減」や「顧客満足度の向上」を実現するためには、

  • サービス導入の目的や要件を明確にする
  • 必要なQ&Aデータを作成・登録する
  • 試行運用により導入効果を評価する
  • 継続的に活用するための運用ルールを策定する

など、経験豊富なSEによる支援が必要となります。

要件定義、Q&A作成、評価、運用ルール イメージ図

AIチャットボット FAQサービス「WisTalk」をご導入されるお客様には、要件ヒアリングから運用まで、当社SEが手厚くご支援いたします。
また、Q&A作成では、経理や人事などの業務に特化したQデータをテンプレートで提供することも可能です。加えて、AIチャットボットの活用ノウハウをお伝えすることで、お客様独自での運用をサポートいたします。

ご利用までの流れ イメージ図

AIチャットボット FAQサービス「WisTalk」の4つの特長

1. トピック推定技術を競う国際コンテストで世界1位を獲得※1した、パナソニック独自開発エンジンを採用

2. パナソニックが自社で開発したエンジンのため、特性を熟知した技術者による的確なチューニングが可能

3. 管理・分析機能によってお客様の声を可視化、FAQの改善により「答えがない」質問を削減

4. パナソニックグループの大規模運用で培った信頼性

AI、IoT、ICTなどを活用した
生産性向上のヒントを配信

お手持ちのQ&Aデータで
製品版と同じ環境をお試し!

商品の詳しい情報や利用に伴うコンサルティングなど
まずは、お気軽にご相談ください。

トピック推定技術

ユーザーの質問文から質問の意図(トピック)をニューラルネットモデルで推定し、トピックに1番近い回答を表示します。

ニューラルネットモデルによるトピック推定技術イメージ

※1 2016年、Google、Microsoft、奈良先端科学技術大学院大学などが組織委員となり開催された、対話技術を競う国際的なチャレンジコンテスト「DSTC5」(Fifth Dialog State Tracking Challengeの略称)で、パナソニックのトピック推定技術が世界1位を獲得。トピック推定技術とは、入力した質問のトピック(意図)を人の脳に相当するニューラルネットモデルで推定し、一番近い回答を導き出す技術のこと。

「WisTalk」が提供する主な機能

自然言語に対応したQ&A検索

パナソニックが独自開発した学習・文章解析・対話機能により、登録したデータの中から最適な回答を見つけます。

自然言語に対応したQ&A検索 イメージ図

Q&Aデータのインポート・エクスポート

管理者画面からQ&Aデータの一括登録・一括ダウンロードが行えます。
また、1件ごとにQ&Aの追加・編集・削除も可能です。

Q&Aデータのインポート・エクスポート イメージ図

ユーザー質問履歴・チャット履歴の確認

ユーザーの入力した文章と、AIが自動応答した内容を管理者画面から確認できます。

ユーザー質問履歴・チャット履歴の確認 イメージ図

お問い合わせ受付

ユーザーは最適な回答が見つからない場合、「お問い合わせページ」から管理者へ問い合わせができます。管理者は、管理者画面から回答することができ、必要な場合は、続けてQ&Aデータの追加を行えます。

お問い合わせ受付 イメージ図

ユーザーの言い回し登録

管理者だけでなく、ユーザーも言い回しを登録することができます。多くのユーザーからQ&Aデータを得るため、より早く、より賢くシステムを学習させることができます。
※ 管理者画面より、登録可/不可を設定できます。

ユーザーの言い回し登録 イメージ図

API提供

APIでの提供が可能なため、お客様オリジナルのUIで使用できます。

API提供 イメージ図

※ チャットボットのキャラクターはイメージです。
オリジナルキャラクターの作成には、別途費用がかかります。

管理者画面

直感的な操作が可能で分かりやすい管理者画面をご用意しています。

直感的操作が可能な分かりやすい管理者画面 イメージ図

精度確認

チャットボット回答精度のスコアイメージ

管理者画面から回答精度を確認できます。
精度の低いものは質問や言い回し文の追加によって、回答精度の改善が図れます。

カテゴリーグループ機能

複数部署でのチャットボット利用イメージ

あらかじめ管理者画面に部署を登録することで、チャット画面上に部署選択を表示できます。
複数部署でのFAQ運用も可能です。

LINE対応

LINEでのチャットイメージ

スマホアプリの「LINE」から「WisTalk」のFAQサービスをご利用いただけます。

音声入力対応

音声入力でのチャットイメージ

「WisTalk」は音声入力に対応し、スマホやヘッドセットの音声から質問を入力できます。

※ 2019年中にリリース予定

AI、IoT、ICTなどを活用した
生産性向上のヒントを配信

お手持ちのQ&Aデータで
製品版と同じ環境をお試し!

商品の詳しい情報や利用に伴うコンサルティングなど
まずは、お気軽にご相談ください。

導入事例

パナソニックグループの大規模運用で培った
導入・運用ノウハウをご提供!

パナソニック フィナンシャル・アカウンティング&HRプロパートナーズ株式会社

パナソニック フィナンシャル・アカウンティング&HRプロパートナーズ株式会社

パナソニックグループ全体、数万人レベルの大規模運用で
人事・経理の問い合わせ対応を効率化

パナソニックグループ全体の経理財務・人事業務の集約化と標準化を行うパナソニック フィナンシャル・アカウンティング&HRプロパートナーズ株式会社では、経理業務の従業員向けポータルサイトのリニューアルを機にAIチャットボット「WisTalk」を導入し、問い合わせ業務の効率化に着手した。同じタイミングで同社の人事業務にも「WisTalk」を採用し、より生産性の高い業務に集中できる環境へと移行した。
「WisTalk」を選定したポイントと導入効果について詳しくご紹介します。

導入事例の詳しい資料(無料)をご希望の方は、お問い合わせください!

入力フォームの【お問い合わせ内容】の欄に、“導入事例希望”とご入力ください。担当者よりご連絡いたします。

パナソニック株式会社 コネクティッドソリューションズ社

パナソニック株式会社 コネクティッドソリューションズ社

経理担当への問い合わせ件数を月440件から200件へと削減
生産的な業務へ経理担当者を集中させる業務改革に成功

パナソニックグループ全体のB2Bソリューション事業に携わるコネクティッドソリューションズ社。営業や技術からの問い合わせ対応が、経理担当者の大きな負担となっていた。「より付加価値の高い業務に経理担当者を集中させたい」という狙いで、AIチャットボットFAQの導入を検討。初期導入した事業所では月440件あった問い合わせが半減以上という効果を出し、2019年1月には10事業所へと導入拡大した。
「WisTalk」を選定したポイントと導入効果について詳しくご紹介します。

導入事例の詳しい資料(無料)をご希望の方は、お問い合わせください!

入力フォームの【お問い合わせ内容】の欄に、“導入事例希望”とご入力ください。担当者よりご連絡いたします。

パナソニック株式会社 グローバル調達社

パナソニック株式会社 グローバル調達社

国際コンテストで世界1位※1のエンジン搭載のAIチャットボットで下請法、社内規程関連の社内ヘルプデスク業務工数を大幅削減!

パナソニックの国内外で購買調達業務を担う社内カンパニーのグローバル調達社。
下請法や社内規程関連に関する問い合わせが社内ヘルプデスクに月200件以上も寄せられており、同社では迅速かつ正確にユーザーの疑問を解消するための仕組みとして、「WisTalk」をもとに構築したAIチャットボット「守(まもる)くん」をリリース。
約1,500名が利用できるようになっており、ヘルプデスク業務の自動化を推進している。「WisTalk」を選定したポイントと導入効果について詳しくご紹介します。

導入事例の詳しい資料(無料)をご希望の方は、お問い合わせください!

入力フォームの【お問い合わせ内容】の欄に、“導入事例希望”とご入力ください。担当者よりご連絡いたします。

※1 2016年、Google、Microsoft、奈良先端科学技術大学院大学などが組織委員となり開催された、対話技術を競う国際的なチャレンジコンテスト「DSTC5」(Fifth Dialog State Tracking Challengeの略称)で、パナソニックのトピック推定技術が世界1位を獲得。トピック推定技術とは、入力した質問のトピック(意図)を人の脳に相当するニューラルネットモデルで推定し、一番近い回答を導き出す技術のこと。

活用事例

AIチャットボット「WisTalk」×製造業A社の活用事例(法務、知財部門の問い合わせ対応)
AIチャットボット「WisTalk」×保険業B社の活用事例(カスタマーセンターでのFAQ対応)

動作環境

さまざまな環境から「WisTalk」をご利用いただけます。

システム構成図

クライアント環境

稼動OS

Microsoft Windows 7 32bit版 / 64bit版
Microsoft Windows 10 32bit版 / 64bit版

Webブラウザー

Google Chrome
Microsoft Internet Explorer 11

※ 編集に必要な管理者サイトは、Google Chromeのみに対応しています。

ネットワーク

インターネットに接続可能な環境

※ スマートデバイスなど、上記以外の動作環境についてはお問い合わせください。

AI、IoT、ICTなどを活用した
生産性向上のヒントを配信

お手持ちのQ&Aデータで
製品版と同じ環境をお試し!

商品の詳しい情報や利用に伴うコンサルティングなど
まずは、お気軽にご相談ください。

価格

詳しくは、お問い合わせください。

期間限定の無料お試し版もご提供しています。
まずは、お気軽にお申し込みください。

【無料お試しサービス実施中】お客様のお手元にあるQ&Aデータで、今すぐお試し!

お客様のQ&AデータでAIチャットボットを構築できるため、製品版と同じ環境を無料でご利用いただけます。
導入をご検討の際は、ぜひお気軽にお申し込みください。

  • お手持ちのQ&Aデータで、すぐにお試し可能
    ※ 環境のご提供までに約1週間必要です。
    ※ Q&Aデータが無くても、当社のサンプルデータでお試し可能です。
  • システムは24時間ご利用可能
    ※ メンテナンスによる停止時を除きます。

お試し期間中に、下記サービスのご提供も可能です。
詳しくは、別途お問い合わせください。

  • 効果測定用ログデータのご提供
  • ご利用に伴うコンサルティング  など

FAQ(よくあるご質問)

質問 質問

無料でお試し利用はできますか?

答え 答え

1カ月間の無料お試しが可能です。こちらからお申し込みフォームへお進みください。
お試しの無料期間が終了後、自動的に正式契約へ移行することはございませんので、まずはお気軽にお試しください。

質問 質問

サービスの申し込み方法を教えてください。

答え 答え

正式なお申し込みは、当社所定の申込書へご記入いただく必要がございます。 詳しくは、お問い合わせください。

質問 質問

サービスの最低契約期間はありますか?

答え 答え

最低1年間の契約期間となります。

質問 質問

申し込みからサービス利用開始まで、どれくらいかかりますか?

答え 答え

お試し利用無しでサービスを開始される場合は、お申し込みから10営業日でご利用可能です。

質問 質問

初期費用は必要ですか?

答え 答え

初期費用は必要ありません。

質問 質問

基本サービスメニューの契約で、利用可能な機能を教えてください。

答え 答え

すべての機能がご利用いただけます。

質問 質問

基本サービスメニューの契約で、利用可能な人数を教えてください。

答え 答え

ご利用者の人数制限はございませんが、24時間・365日利用、Q&Aデータ登録2,500件以上、アクセス300回/分以上でのご利用は、別途ご相談ください。

質問 質問

オプションサービスでは、どのような機能が提供されますか?

答え 答え

回答精度を向上させるため、学習データ(言い回し文)の作成を代行いたします。

質問 質問

無料のお試し利用で蓄積したQ&Aデータは、正式にサービス導入後もそのまま利用できますか?

答え 答え

正式にご利用をスタートさせた後も、Q&Aデータを引き継いでご利用いただけます
必要なQ&Aデータをエクスポートし、当社へお渡しいただければ本番環境へ再登録いたします。

質問 質問

導入に際して、準備が必要なものを教えてください。

答え 答え

Q&Aデータのみをご準備ください。

質問 質問

元になるQ&Aデータが無い場合は、どうすれば良いでしょうか?

答え 答え

当社指定のフォーマットにQ&Aデータをご入力いただく必要がございます。
あらかじめご参考となるQデータ(例:経理や人事などの業務に特化した質問文)を、当社からご提供することも可能です。

質問 質問

複数のQ&Aサイトを構築することはできますか?

答え 答え

部門別や用途別など、複数のQ&Aサイトを構築することが可能です。

コラム

AI型FAQ活用術

何ができるの!? FAQでのAI活用~パナソニック「WisTalk」で説く【前編】~
 

> 続きを読む

AI型FAQ活用術

実例に見るAI型FAQの生かし方~パナソニック「WisTalk」で説く【後編】~
 

> 続きを読む

「生産性向上のヒント」メルマガ購読のお申し込み

イベントのご案内

お申し込み受付中

開催日時

【東京会場】
2019年11月12日(火) 15時00分~17時00分 ※終了
2020年1月22日(水) 15時00分~17時00分 ※お申し込み受付中

【大阪会場】
2019年12月2日(月)  14時30分~16時30分 ※お申し込み受付中
2020年2月上旬開催予定

会場

【東京会場】
パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社 東京事業所 8階
〒105-0021 東京都港区東新橋2-12-7 住友東新橋ビル2号館 (地図はこちら

【大阪会場】
大阪ビジネスパーク ツイン21 OBPパナソニックタワー 3階
〒540-6233 大阪府大阪市中央区城見2-1-61 (地図はこちら

参加費

無料 (事前登録制)

定員

各日 25名様まで

商品に関するお問い合わせ

パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社 お問い合わせ受付窓口
電話番号: 0570-087870
    受付時間: 9時00分~17時30分 (土・日・祝・当社指定休業日を除く)

お問い合わせイメージ お問い合わせイメージ

※ 記載されている会社名、商品名は各社の商標または登録商標です。なお、本文中では™、®マークは基本的に明記していません。