バックオフィス担当者の
業務改善を強力アシスト!

チャットボット イメージキャラクター

テレワーク導入で増加した
社内の問い合わせ対応をスムーズに改善します。

パナソニックのAIチャットボット

FAQサービス WisTalk

※ 出典: ITR「ITR Market View : ビジネスチャット市場2021」(チャットボット市場-BtoE用途:ベンダー別売上金額シェア(2020年度~2021年度予測)/チャットボット市場-建設業):ベンダー別売上金額シェア(2019年度~2021年度予測)) ※ 出典: ITR「ITR Market View : ビジネスチャット市場2021」(チャットボット市場-BtoE用途:ベンダー別売上金額シェア(2020年度~2021年度予測)/チャットボット市場-建設業):ベンダー別売上金額シェア(2019年度~2021年度予測))

テレワーク常態化によって
バックオフィスの業務工数が逼迫していませんか?

お困りごと
1

問い合わせの集中で
業務時間内の対応はもう限界…

社内のあちこちから途切れることなく届くさまざまな問い合わせ。残業しないと他業務の対応が追いつかない!

お困りごと
2

Q&A集を用意したのに
ぜんぜん活用されていない…

ちゃんとQ&A集やマニュアルで解決策を示しているのに読んでくれない。しかも、みんな同じ質問をくり返すので困り果てている!

お困りごと
3

人手不足が常態化
スタッフが増える気配がない…

もっと問い合わせ対応の体制を強化しないと、現状のスタッフだけでは業務がどんどん遅れて、たまっていく一方!

社内の問い合わせ対応の課題、ずっと後回しにされていませんか? 社内の問い合わせ対応の課題、ずっと後回しにされていませんか?

たくさんのお困りごとも
「AIチャットボット」がまとめて解決!

ムダな業務の軽減、お任せください

解決1

「業務時間外」「休日」にも
しっかり問い合わせに対応。

自己解決の促進、お任せください

解決2

進化し続けるAIによってQ&Aの
精度もどんどん向上します。

人手不足の解消、お任せください

解決3

マンパワー不足をAIチャットボットが補い
働きやすい環境に。

「ウェビナー」でよく分かる!

AIチャットボットの導入
うまく選ぶポイントは?

業務内容や課題に合うAIチャットボットを選ぶには。
定期開催のウェビナーなどで「検討すべきポイント」や「業務改善の実例」の情報を分かりやすく発信。
「具体的な導入イメージ」がつかみやすくなります。

セミナー例 1

セミナー資料イメージ(アジェンダ)

「プロ」が教える導入のコツ

AIチャットボットの基礎知識や、導入効果を最大化するための部門別のポイントなどを、プロの講師陣がレクチャーします。

セミナー例 2

セミナー資料イメージ (AIチャットボット導入成功のカギを握る「3つのステップ」とは?)

成功する企業の活用法

AIチャットボット導入企業の業務改善成功事例をご紹介。現場の実感や導入前後の変化、活用法などを分かりやすく解説します。

セミナー例 3

SEによるサポートイメージ

導入後の運用Q&A

専任のSEによる手厚いサポート体制をはじめ、「AIチャットボット導入後の運用」に関するさまざまなギモンにお答えします。

AI チャットボット画面 会話イメージ AI チャットボット画面 会話イメージ

AIチャットボット「WisTalk」
4つのお役立ちポイント

スピード導入、高い回答精度、運用の安定化サポート。
情シス・経理・人事など各部門のみなさまの期待に、さまざまな側面で応えます。

パナソニック独自開発エンジンによる
高い回答精度

value1

言い回しが異なっていても「同じ質問であることを認識」するなど、独自の自然言語処理によって、違和感のない高精度な回答を提示します。

質問者が求める答えをしっかり回答

平均正答率75%

ご利用開始までお待たせしません!

導入は最短3週間

豊富なノウハウで
早期の導入を実現

value2

パナソニックグループでの大規模運用をはじめ、多数の大手・中堅企業が「WisTalk」で業務改善を推進中。豊富なノウハウで「最短3週間での導入」を実現します。

導入準備から実際の運用管理まで
充実したカスタマーサクセスをご提供

value3

現状の課題の整理、適切なQ&Aデータを構築するためのアドバイス、円滑な運用まで。導入前後の負担を最小限にとどめ、お客様が目指す業務改善に向けて寄り添います。

使えば使うほど
貴社の問い合わせ内容にフィット

継続利用率95%
情報シス、経理、人事のイメージ図

情シス・経理・人事など、
複数部門での利用に対応!
運用管理も部署ごとに独立して最適化

value4

問い合わせの傾向は部門ごとに異なります。複数部門で利用する際はそれぞれに編集権限を付与し、最適なQ&Aへカスタマイズすることが可能です。

導入までの流れ

パナソニック内の各部署で蓄積してきたQ&Aテンプレートを無償提供。
AIチャットボットの社内運用が軌道に乗るまで、専任のSEがしっかりサポートします。
導入のハードルが低いことも「WisTalk」が支持される理由です。

導入までの流れ ステップ1

まずはお困りごとを
しっかりヒアリング

従業員数、社内の問い合わせ対応に費やしているリソース、お困りごとの内容などをヒアリング。AIチャットボット導入の規模、タイミングなどを決定します。

導入までの流れ ステップ2

最適なQ&Aデータ作成・
登録を支援

すでにお持ちのQ&Aデータの活用、あるいはテンプレートの無償提供などで、お客様に大きな負担をかけることなく運用の準備を進めることができます。

導入までの流れ ステップ3

テスト・評価・チューニング
を経て運用へ

実際の運用と同じ環境で「WisTalk」をテスト。言い回しのバリエーションを登録して正答率のアップを図るなど、細かなチューニングを施して運用を開始します。

  • ● ヒアリングからご利用開始まで最短「3週間」!
  • ● Q&Aのテンプレートを無償で提供。事前準備の負担も最小限!
  • ● 専門の担当者がアドバイス。運用のノウハウを共有!

よくあるご質問

Q1 Q1

無料お試し版に機能制限はありますか?

機能に制限はありません。製品版と同じ環境で「1ヵ月間」の試用が可能です。

Q2 Q2

無料お試し版で作成したQ&Aデータを製品版に移行できますか?

試用期間中に蓄積したQ&Aデータを、製品版でもそのままご利用いただけます。

Q3 Q3

導入にあたって初期費用は発生しますか?料金プランを教えてください。

初期費用は必要ありません。月額費用は「10万円(税抜)~」、Q&Aデータの登録件数によって料金プランを選択いただけます。詳しくはお問い合わせください。

Q4 Q4

月額費用の中にサポート費用は含まれていますか?

「導入初期(オンボーディング)」から「活用促進」まで、豊富なカスタマーサクセスメニューを月額費用内でご利用いただけます。

Q5 Q5

利用できる人数に制限はありますか?

ご利用人数の制限はありません。Q&Aデータの登録件数や1分間あたりのアクセス件数には一定の基準を設けております。詳しくはお問い合わせください。

バックオフィス担当者向けのお役立ち資料

多くの企業がAIチャットボットで「新しい働き方」を始めています!

電話応対件数が 「9割減」の事例も!

バックオフィス業務がこんなに変わる
AIチャットボットの導入効果を
部署別にご紹介

「WisTalk」の賢い使い方 資料イメージ

ウェビナー講師が 秘訣を伝授

AIチャットボットの効果を
最大化する導入術とは?

 

AIチャットボットの効果を最大化する導入術とは? 資料イメージ

DX時代に注目度が急上昇の AIチャットボット

導入効果のデータで納得!
なぜ「WisTalk」は選ばれるのか?

 

納得!数字で読み解く「AIチャットボット」 資料イメージ

お役立ち資料3点セット

WisTalkをわかりやすく解説。サービスの紹介資料と導入事例集もあるので
社内問い合わせ業務の負荷を軽減したい方でもカンタンに理解できます。

読めばより良い働き方のヒントが見つかる
お役立ちコラム

情報システム部門チャットボット活用シーン

人事部門チャットボット活用シーン

業務効率の改善に注目されるチャットボット
導入事例とその効果は?

「社内ヘルプデスク」の仕事は
チャットボットでどう変わる?

「チャットボット」とは?
その機能やメリットのキホン

実例に見るAI型FAQの生かし方~パナソニック「WisTalk」で説く【後編】~

何ができるの!? FAQでのAI活用~パナソニック「WisTalk」で説く【前編】~

担当SEが語る「WisTalk」

社内ヘルプデスク向けAIチャットボットでシェアNo.1の「WisTalk」
ご不明な点がございましたらお気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせはこちら    0570-087870
受付時間: 9時~12時、13時~17時30分(土・日・祝・当社指定休業日を除く)