エンジニアインタビュー

モノづくりの現場は、毎日が進化の連続です。エンジニアたちは、技術力や課題設定・解決力、そして、先輩、仲間たちのサポートによって将来を見通した課題・目標を明らかにし、コスト・品質・効率性に優れた解決策を実践しています。まさにやりがいにあふれた毎日です。テクノロジーの進化を、モノづくりソリューションにつなげていくスペシャリストたちのナマの声を集めました。

設計・CAE

上殿 泰生 2016年度入社(キャリア)

上殿 泰生
2016年度入社(キャリア)

「チームと一丸になって課題解決に取り組むことができる喜びを実感」

私は設備稼働時の動力源となる空気圧機器設計業務に携わっています。また、我々が開発する生産設備のほとんどに空気圧機器は搭載され、その設計には安定稼動が絶対要件とされるために、流体物における知見や知識も多く必要になってきます。
昨今では、中国工場向けの電気自動車用電池の製造、及び評価を行うラインの設備開発において、空圧回路設計や、機器パネルの設計も行ないました。設計後は、出図情報を基に製造担当者達によって組み立てられ、自身が思い描いていた機械の姿が徐々に出来上がり、実際に動き出す光景を目の当たりにできたときの嬉しさは格別なものがあります!

設計内容は常に最速で高品質さを求められるため、基本的に2度と同じ設計内容にはならないと言えますが、それゆえに、毎回、プレッシャーや知識不足を痛感していた自身にとって、上司や高い知見をもつ先輩設計者の方々からのアドバイスや指導はなにものにも変えがたい成長バイブルです。時に、業務進捗が芳しくないときも、積極的に意見交換させてもらうことで、困難な課題であっても、チーム一丸となって乗り越えることができ、自身の技術スキルが向上したときの喜びは言葉に表せませんし、肌で実感できることもこの仕事の魅力です。

「パナソニックグループの最新技術に最前線で携わることが出来る」

パナソニックは年々成長し続ており、国内家電市場においても多くのシェアを占めていますし、世界中の人々から親しまれています。とりわけ、我が家の家電も昔からパナソニック製品が多く、馴染みが深かったこともあり、いつの頃からか、パナソニックという会社には特別な思いを馳せるようになっていました。そして、次第にその思いは、パナソニックグループで仕事をしたい!と、強く変化するようになりました。

就職活動をする中で、パナソニックグループにおける生産設備開発の総本山とも言える当社の事を知りました。ここでは、様々な設備開発技術を通じ、多岐にわたる事業分野の開発にも関わることができます。なかでも、自律搬送ロボットHOSPiや、3次元測定機など、今後の事業展開にも大きく期待を抱けたことが当社を選んだ理由です。
そんな私ですが、入社してから痛感したことがひとつだけあります。それは、学生時代における時間の使い方です。社会人になり、仕事に打ち込み始めると、当時はできなかった開発経験や、技術習得など、めまぐるしく環境が変化する一方で、自由な時間を作ることが難しく感じるときがあります。皆さんには、今なにをすべきかを良く考え、よく学び、よく遊び、気づきや疑問をしっかりと自分の血肉として欲しいと思います。そして、その経験こそが社会に出た際、自分自身が成長していくための動力源になりえるはずです。

橘 美咲 2015年度入社

橘 美咲
2015年度入社

「入社2年目で設備担当者に」

生産設備の制御設計業務を担当しています。「制御設計」とは、設備を思い通りに動作させるお仕事です。具体的には電気回路の設計、設備用動作プログラムと操作画面の設計等多岐に渡ります。設備納入先でソフト調整を行うこともあり、自分で一生懸命考えて設計した設備が動いたときは大きな達成感を味わえます。

入社2年目に一つのテーマを任され、自身でスケジュール調整・設計・ソフト調整・単身出張を経験しました。初めのうちは、見たこともない機器や専門用語に戸惑い、設計も何度も失敗、と毎日手探りの状況でした。

そんな中でも自分で考え積極的に行動する事で完遂させる事が出来ました。一つのテーマをやり遂げた事は自信に繫がりましたし、お客様に喜んでもらえて嬉しかったです。また、担当した設備がモノづくりの現場で役立っているのを見たときはこの仕事を選んで良かったと思いました。

「モノづくりの現場を支える仕事がしたかったから」

大学生時にインターンシップでケーブルの生産工場に行き、現場の方々に同行して仕事を経験しました。インターンを通じて、設備に故障やトラブルがあると生産がストップしてしまい、利益損失や作業者の負担に繫がることを知りました。

この経験から、より良い生産設備を作ることで日本のモノづくりの現場を支えたいと思い、この業界で就職活動をしていました。当社を選ぶ決め手となったのは、様々な種類・規模・業界の設備に携われることを魅力に感じたからです。

学生のうちに「やりたい仕事」を見つけるのは大変だと思います。まずは、自分の学部や専攻に関わらず、色んな業界のインターンシップへ積極的に参加してみて下さい。自分では予想もしなかった業界や会社へ興味を持つ可能性もあります。ぜひ、視野を広げて就職活動に取組んで下さい。

浅野 博貴 2016年度入社

浅野 博貴
2016年度入社

「製品設計における課題対策の妥当性が認められ、信頼に繋がった」

私の仕事は、CAEを活用した設計支援で、コンピュータ上でモデルを作成し、解析・評価を行うことです。開発期間の短縮や設計根拠を示す為の重要な役割を担っています。
現在は、車載向け充電器のCAEによる評価を行っています。評価項目は熱・強度の二つに分かれていて、稼動時に温度が高すぎると電子部品が壊れてしまいます。更には、車の走行時に十分な耐久性・安全性を備えていなければいけません。物理現象を如何にモデル化するか、また解析結果をどう評価をするかもCAE技術者のスキルですが、それだけでなく、設計者の要求に対してどう応えるか、日々コミュニケーションをとり折衝しながら進めることも大切です。

解析はあくまでも現象の推定なので、後に実測をして数値的に合っているという評価をもらえた時や設計担当者に新たに気付きを与えることが出来た時はとても嬉しく思います。
以前に充電器設計において課題が発生した際、原因が十分に掴めず、課題対策の評価手段が解析のみといったこともありました。その時は、日々手探りで進んでいるようにしか感じませんでしたが、関係者と詳細なやり取りをしながら、対策の評価を実施していき、最終的に実機評価をした上で課題対策が採用され、担当者からの信頼を得られた時は大きな達成感を得ることができました。

解析の評価は様々な知識を必要としますが、苦労して考えた対策内容が製品に反映された時にとてもやりがいを感じます。
今では、色々な方からCAEに関連する質問や依頼も受けるようになり、未熟ながらも少しずつ信頼を得られているのを実感しています。また、仕事仲間も私が入社してから更に2人増えています。

「日々進化する技術に向き合い切磋琢磨できる」

EVの世界シェアが伸びており、車関連技術の未来に期待ができることから、解析を通じて車載製品の発展に貢献したいと考えました。
日々進化する技術に向き合い切磋琢磨できることはとても魅力でした。
また実際に社員の方と話をして、「CAE技術者として単に仕事を請けるだけでなく、課題を聞き出すことが大切」といった仕事の姿勢に共感してもらえたことが印象に残っています。優秀で多くの知識を持っている方々と共に仕事が出来ることにやりがいを感じました。
いまは、解析を通して更なる設計業務の効率化及び、多くの方に貢献できる仕事を目指し日々取り組んでいます!

仕事にせよ、遊ぶことにせよ、やってみる!行動する!ということを大切にしてほしいと思います。就職活動中は、自分を見失ったり、迷ったりすることがたくさんあると思います。そんな時でも立ち止まらずに考え抜き、多くの人と話をしてみてください。それは自信にも繋がります。
必ず熱中できるものはあり、尊敬でき共に働きたいと思える人もいると思います。見つることができるまで諦めずに探し抜いて欲しいと思います。
もし、それが解析だったなら嬉しいと思いますし、是非一緒に働きたいと思います!