制作支援

Sharing The Dream 2020 KWN中学生・高校生向け特別ワークショップ

オリンピックやパラリンピックをテーマにした30秒の映像メッセージ作りにチャレンジ!中学生・高校生向け特別ワークショップ

KWN参加の中学生・高校生を対象に映像の企画立案や構成案の作り方など、プランニングの基礎を学び、検討された演出プランを元に、KWN映像講師の指導を受けながら、撮影技術や編集技術を学ぶ特別ワークショップを実施しました。オリンピックやパラリンピックをテーマに中学生・高校生が制作した映像作品をご覧ください。

2016年度完成作品 ※各校の映像を下記よりご覧いただけます。

東京都:東京都立青井高等学校
『感 謝』

大阪府:大阪府立茨木高等学校
『つーなーがーる』

宮崎県:宮崎日本大学高等学校
『挑戦者』

沖縄県:昭和薬科大学附属中学校
『翔べ 日本 再び』

 2016年度参加校レポート ※各校の実施の様子は下記よりご覧いただけます。

・東京都:東京都立青井高等学校
・大阪府:大阪府立茨木高等学校
・宮崎県:宮崎日本大学高等学校
・沖縄県:昭和薬科大学附属高等学校

2017年3月5日(日) KWN日本コンテスト2016表彰式当日、パナソニックセンター東京で『完成作品上映会』を開催しました。本上映会には、KWN日本コンテスト2016表彰式に参加する中学生、高校生が参加し、各校の作品について全員でディスカッションを行いました。また、特別ゲストとしてKWN(日本)審査員の山口香氏をお招きし、CM監督の立場から作品にアドバイスをいただきました。

2017年3月5日(日) KWN日本コンテスト2016表彰式当日、パナソニックセンター東京で『完成作品上映会   会場の様子
KWN(日本)審査員の山口香氏
左から講師の清野氏、今井氏

会場の様子

KWN(日本)審査員の山口香氏

左から講師の清野氏、今井氏

司会は表彰式サポートMCの高橋直生さん、千葉あすかさん
各校の作品が上映されました。
各校の作品が上映されました。

司会は表彰式サポートMCの高橋直生さん、千葉あすかさん。各校の作品が上映されました。

上映後、気づいた点や良かった点をノートにまとめ、代表者が発表しました。
上映後、気づいた点や良かった点をノートにまとめ、代表者が発表しました。
上映後、気づいた点や良かった点をノートにまとめ、代表者が発表しました。

上映後、気づいた点や良かった点をノートにまとめ、代表者が発表しました。

様々な意見が交わされ、とても有意義な時間となりました。
様々な意見が交わされ、とても有意義な時間となりました。
様々な意見が交わされ、とても有意義な時間となりました。

様々な意見が交わされ、とても有意義な時間となりました。

【参加校の感想】

・上映会では、他校の生徒の意見や技術力を目の当たりにして、今の自分たちに足りないものが何か、改善点が見えました。
・各校のこだわりや苦労話などを聞く機会は少ないので、とても貴重な時間でした。
・東京で開かれるオリンピックということを身近に実感し、映像制作に取り組むことができました。
・上映会でいただいた各校の意見を参考にし、今後も映像制作に取り組んでいきたいと思います。
・他校の製作意図などをじっくり聞けて良かったです。同じプログラムで様々な違いが観れたのは大きな刺激となりました。

【KWN講師の感想】

清野氏:まず驚いたのは、参加している学校同士おそらく初対面のはずなのに、生徒たちは知古のように気楽に語り合っていたことです。やはりみんなが映像作りをしてきたことで共有できているものがあるのだと感じました。自分たちの作品に誇りを持ちながら、他校の作品のすばらしさを素直に表現していたことが印象的でした。この集まりが何ヶ月も続いたトンネルを抜けた場所のような感じを皆が持っていたようにも思いました。おそらく映像制作に関わったことで初めて体験できたこともたくさんあったと思います。なにより自分たちの思い、アイデアが形をもっていくことの楽しさは参加した生徒たちにしか経験できないことですから。これからもより多くの映像制作を楽しむ生徒たちに出会いたいですね。

今井氏:高校生特別ワークショップ完成作品上映会は、とにかくレベルが高かったという印象です。作品を見た後のディスカッションでは、褒め合うだけでなく、撮り方や編集の仕方などの質問が飛び交い、みんな次の作品づくりに活かそうという熱意も伝わってきました。当然作品の質も素晴らしく、わかりやすいものから奥深いものまで様々。高校生の発想の豊かさには驚かされます。そして僕が一番良かったなと思うことは「伝える」ということを本当に一生懸命やってくれたことです。最初は自分の意見も言えなかった人が、この映像制作を通じて徐々に意思表示するようになり、最後にはちゃんと自分の考えを伝えられるようになっていました。これこそがこのワークショップの本当の意味であると思います。

<上映会参加校>
東京都:東京都立青井高等学校/大阪府:大阪府立茨木高等学校/宮崎県:宮崎日本大学高等学校/
沖縄県:昭和薬科大学附属中学校/福島県:福島県立磐城高等学校/沖縄県:昭和薬科大学附属高等学校/
茨城県:エスコーラオプション

2015年度完成作品

岩手県:岩手中学校・高等学校
『こころ重ねて』

東京都:東京都立青井高等学校
『夢叶える夢』

神奈川県:横浜翠陵中学・高等学校
『おもてなし』

大阪府:東海大学付属仰星高等学校
『未来のかたち』

2015年11月15日(日)、パナソニックセンター東京で『完成作品試写会』を開催しました。
本試写会には、特別ゲストとしてKWN(日本・グローバル)審査員の伊藤有壱教授をお招きし、CMクリエイターの立場から各校の作品にアドバイスをいただきました。

左から伊藤教授、KWN講師(清野氏、井手氏)

全員参加のディスカッションタイム

ディスカッションタイムでは、各校の参加者がお互いのスキルアップのために積極的に発言

伊藤教授による特別講義も実施しました

充実した時間を過ごし、参加者全員で笑顔の集合写真

<試写会参加校>
神奈川県:横浜翠陵中学・高等学校/東京都:東京都立青井高等学校/大阪府:東海大学付属仰星高等学校
※岩手高等学校は、学校行事の為、ビデオメッセージでの試写会参加。