Rio 2016

オリンピック大会の舞台裏

オリンピック大会の舞台裏

映像技術で判定をサポートする
「スポーツ映像判定システム」

John Paul Giancarlo

John Paul Giancarlo
国際オリンピック委員会(IOC)
テクノロジーリーダー

Joe Hicks

Joe Hicks
パナソニックブラジル株式会社
プロジェクトエンジニア

John Ryder

John Ryder
パナソニックブラジル株式会社
プロジェクト責任者

Stefan Timmermans

Stefan Timmermans
Rio2016
シニアプログラムマネージャー

スポーツ競技における最高峰の舞台、オリンピック。世界トップクラスのアスリートたちによる戦いは、時にコンマ1秒のはざまで繰り広げられる。だからこそ、判定においても最高レベルの質が求められている。現代のスポーツ競技において、選手の動きをその場で解析できる技術は、審判が勝敗を判断するために不可欠だ。パナソニックは最新の映像技術により審判の判定をサポートする「スポーツ映像判定システム」を、今大会初めて提供した。AVソリューションを通じてスポーツの感動を届けてきたパナソニックが、その技術を生かし競技のよりスムーズな進行に貢献。アスリートのパフォーマンスが進化し続ける中で、テクノロジーの進化も止めてはならない。それは、オリンピックスポンサーとしての使命でもある。

ターンキーソリューションで組織委員会の負担を軽減

判定システムに対する需要は、ロンドン大会以降増加した。IOCはリオ大会に向け、組織委員会の負担を軽減できる“ターンキーソリューション”を提供できるパートナーを求めていた。判定システムのサービスの大半は、スポーツのビデオ録画および再生であり、AV機器をメインに取り扱うパナソニックこそ、まさに適任であった。IOCでテクノロジーディレクターを務めるジャンカルロは言う。

リオ大会の舞台裏

「ロンドン大会でも、パナソニックのコンポーネントをシステムに組み込んだのですが、今回はさらに競技と製品との相性を考慮したパッケージソリューションを提供してくれる、ということでパナソニックをパートナーとして迎えることを決断しました」。かくしてリオ大会では18会場、競技数ではオリンピックとパラリンピック合わせて35種目にパナソニックの映像判定システムが導入された。

リオ大会の舞台裏
リオ大会の舞台裏

AV技術を生かした高い性能

パナソニックの映像判定システムはサーバーベースのレコーダーである。各サーバーは最大8チャネルのカメラに対応でき、フレームごとに同期した状態ですべて再生が可能だ。競技中に判定が必要になった場合は、フレームごとに何が起きたかを確認し、それを元に審判が判定を下すことができる。オペレーションを担当したパナソニックブラジルによると「審判と運営団体からは素晴らしいフィードバックをいただきました。システムの正確さ、選手の動きが詳細に分かる映像の鮮明さに、非常に驚いていました」と高評価のようだ。このリオ大会で、パナソニックのオリンピックサポートの歴史に、新たな一ページが加わった。

The Panasonic Professional Lineup

大型映像表示装置

業務用プロジェクター

HD映像コミュニケーションシステム

AVセキュリティ機器