機械学習

機械が「学習する」とはどういう意味でしょうか。機械は、あらかじめプログラムされた通りに動くだけではありません。たくさんのデータから、失敗と成功の例を学び、そこにある法則を見つけだして動くことができます。この仕組みが「機械学習」で、現代の人工知能(AI)の活躍を支えています。

機械学習の学び方にはさまざまな手法が開発されています。以前は、機械が目的にあった法則を見つけるため、どんな数値や変化に注目すべきかという観点は人が教える必要がありました。しかし最近は、そうした観点すらも、ある程度まで機械自身で探すことができる手法が開発され、人工知能が大きく発展しました。

白衣の女性の近くでロボットが本を読んで何かを学習しているイラスト

身近な事例

現代ではすでに、機械学習を利用した人工知能がとても身近になっています。写真画像から人の顔を見つけたり、画像にあるように手書きした文字や話した言葉を機械が文字に置き換えたり、数々の診断例から患者さんの病気を予測したり。機械学習によって、たくさんのデータから共通した特徴や傾向を見つけることがずっと簡単になりました。

これから機械を使ったときは、それが普通のプログラムか、機械学習によるものか、予想してみてはどうでしょう?たくさんの事例を集められる内容か、何かの判別や予測を必要としているかなどがポイントです。

協力:東京理科大学教授 川村 康文

写真:壁のポスターに書かれた文字をスマートフォンで読み取って翻訳している様子

AkeruEを体験する

チケットのアイコン

チケット購入

ご来場の際は、入場チケットの事前購入をお願いします。

複数枚チケットのアイコン

団体予約

15名以上で来館される場合は、こちらから日時のご予約をお願いします。

AkeruEを体験する

チケットのアイコン

チケット購入

ご来場の際は、入場チケットの事前購入をお願いします。

複数枚チケットのアイコン

団体予約

15名以上で来館される場合は、こちらから日時のご予約をお願いします。