展示一覧 (ASTRO)

かけあわせ、くみあわせ。ひらめきに出会ってみよう。

テクノロジーとアートのように、ぜんぜん違うものをかけあわせたり、くみあわせたり。ふしぎな作品と出会ってみましょう。近くには、あなたの「どうして?」のヒントもあります。視点を変えながら、仕組みを探ろう。あなたのひらめきを見つけよう。

写真:coworoの展示風景

Coworo

Coworoは変形する液体によるインスタレーション作品です。古事記の一節で、海を「こをろこをろ」と掻き回すと海水が隆起し島が生まれたとする神話がありますが、本作品では非ニュートン流体を攪拌すると表面が隆起するというワイセンベルク効果と呼ばれる液体現象に注目します。作品では、器の中の液体が穏やかな佇まいから、ピクセル的な表現へ、そしてより有機的な表現へと自在に姿を変えていきます。

写真:looks like music の展示風景

Looks Like Music

黒い線の上を走り回る四角いカラーチェイサー。このロボットは、色を読み取ることで音を奏でることができます。絵を描く行為と、音楽を作曲する行為が結びつくという新たな体験をすることができる作品です。

写真:アイデアタワーの展示風景

アイデアタワー

ストロボで立体物がアニメーションして見られる立体ゾートロープ作品です。タワーの一番下でアイデアの素が生まれ、それが砕かれ、選ばれ、混ぜられ、様々な試行錯誤を経て上昇し、最後に脳に達する様子が見られる「脳内ファクトリー」を表現した作品です。

 

写真:突き出す、流れるの展示風景

突き出す、流れる

磁力によって棘の形状を変化させる磁性流体を用いた作品です。周りの音の大きさに応じて変化する磁力によって作り出される有機的なかたちを、アーティストがデザインした磁場をコンピュータ制御することで造形美を感じさせる形に仕立てています。動く立体的造形と流動的な液体のふるまいをあわせもつ作品です。

写真:floatio の展示風景

floatio

ニュートンの逸話において、りんごは「万有引力の法則」の象徴です。floatioでは、りんごは重力に逆らってふわふわと移動していきます。ドローンの登場にはじまり、身の回りのモノが浮遊していく暮らしはもう間近に迫っているのかもしれません。りんごに触れて、モノが自由に浮かぶ世界へと想いをめぐらせてみてください。

写真:stand の展示風景

stand

重心が高くなることを目指して動くその様子は、まるで流木に意識があるかのように思えてきます。機械学習によって生み出されるアクションと、流木が持つ生き物らしいやわらかさは、生物と無生物とは何かを一瞬わからなくさせる作品です。

写真:赤い緑、黄色い青の展示風景

赤い緑、黄色い青

大きな絵に色とりどりの光が投影され、一瞬ごとに異なる姿を見せてくれます。キャンバスの上で何色が重なって新たな色が生み出されているのか、どの一瞬が一番心に残ったか、ぜひ周りの方と共有をしてみてください。一瞬の美しさに心奪われる作品です。

AkeruEを体験する

チケットのアイコン

チケット購入

ご来場の際は、入場チケットの事前購入をお願いします。

複数枚チケットのアイコン

団体予約

15名以上で来館される場合は、こちらから日時のご予約をお願いします。

AkeruEを体験する

チケットのアイコン

チケット購入

ご来場の際は、入場チケットの事前購入をお願いします。

複数枚チケットのアイコン

団体予約

15名以上で来館される場合は、こちらから日時のご予約をお願いします。