機構設計のための基礎理論である材料力学や機械材料について学習するeラーニング講座です。
製品の機構設計を行うために必要とする、基礎的な材料の強度計算、破壊、疲労などの知識、鉄鋼材料/非鉄材料の要点、寸法公差やはめあいなどの機械精度の考え方を、体系的に学習。質の高い設計を行うための基礎能力の向上をはかります。

対象者

  • 新入社員、若手技術者、職場異動者
  • 研究・開発・設計・生産技術、セールスエンジニア向き

標準学習時間

40時間

前提知識

大学(高等専門学校)卒業相当の技術力を有する

研修形態

eラーニング

講座内容

第1章 SI 単位の使い方:

  • SI 単位、力の単位(ニュートン)、圧力や応力の単位(パスカル)

第2章 強度設計の基礎:

  • 力による機構部材の変形、ひずみエネルギー、引っ張りと圧縮、組合わせ応力、部材の曲げ、応力集中、部材のねじり、部材の疲労強度

第3章 機械材料の選びかた:

  • 鉄鋼材料:炭素鋼の組織、鉄-炭素系状態図、炭素鋼の熱処理組織、焼入れ焼き鈍し、浸炭、窒化、鋼板材料、ボルトの強度区分:鋼線、バネ材料、構造用合金鋼、ステンレス鋼
  • 非鉄金属:アルミニュームとその合金、銅とその合金
  • 焼結材料
  • プラスチック:プラスチック材料、プラスチック部品の形状設計、熱可塑性樹脂、熱硬化性樹脂

第4章 機械精度の考え方:

  • 表面粗さ、幾何公差、寸法公差、はめあいとクリアランス設計

試験問題:

  • 学習に沿った問題が多く用意されており、ランダムに10問出題されます

株式会社チップワンストップからも購入できます。
株式会社チップワンストップとは試作・開発や小口量産に必要な電子部品・半導体・各種部品を「早く」「少量から」「一括で」提供する世界最大級の通販サイトです。

※株式会社チップワンストップの商品ページへリンクしています。

学習画面

学習画面1
学習画面2

動作環境

■ パソコン

OS Microsoft Windows 8.1 / 10
Webブラウザー Microsoft Internet Explorer 11
Microsoft Edge
Mozilla Firefox
Google Chrome
ディスプレイ解像度 1,024×768 以上推奨

※ダウンロードテキストを閲覧する場合、Adobe Reader最新版が必要です。
※ Mac OSでの動作は保証しておりません。
※ Windows 8、Windows 10は、WebブラウザーとUIモードの組み合わせによっては正常に動作しない場合があります。
※ 推奨動作環境として掲載のあるWebブラウザーでも、マイナーバージョンによっては正常に動作しない場合があります。
※ Webブラウザーのシェアなどによって、サポートするWebブラウザーの種類やバージョンを見直す場合があります。
※ コンテンツ購入でご利用の場合は、使用するLMS(Learning Management System)によって動作環境が異なります。詳しくはお問い合わせください。

商品に関するお問い合わせ

パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社 お問い合わせ受付窓口
電話番号: 0570-087870
    受付時間: 9時00分~17時30分 (土・日・祝・当社指定休業日を除く)

お問い合わせイメージ お問い合わせイメージ

※ 記載されている会社名、商品名は各社の商標または登録商標です。なお、本文中では™、®マークは基本的に明記していません。