ソリューション概要

RPA-OCR連携ソリューションイメージ

RPAツールの導入による業務効率改善の取り組みの際に、紙帳票のテキスト化が課題となるケースが多くなっています。
「帳票OCR」をRPA業務に組み込むことによって、「帳票OCR」で電子化した帳票データをシステムへ直接入力したり、Excelに入力してファイルに保存することで、紙帳票のデータを簡単に社内業務に利用することができます。このように、RPAツールに「帳票OCR」を組み合わせることで紙帳票のテキスト化を迅速に行えるので、業務のさらなる効率改善を実現できます。

特長・導入メリット

  1. RPAツールだけでは実現できない紙帳票のテキスト化を効率的に推進できます。
  2. 大量の紙帳票を一度にテキスト化できるので、今まで手入力で行なっていた入力業務を効率化できます。
  3. 視線の動きが少ない確認画面を搭載しており、認識結果を疲労が少なくスピーディーに確認できるため、入力ミスを低減できます。