eラーニング
知財マネジメントシリーズeラーニング

NEW NEW

2020年6月29日、改正意匠法(2020年4月施行)に対応した改訂版をリリースしました

お客様のご要望を受けて「意匠」、「商標」がそれぞれ分割した講座になりました。
1講座~5講座まで、お好きな講座を組み合わせての受講が可能です。

知財に関する不明点や疑問点をeラーニングでスムーズに解決︕

eラーニング 知財マネジメントシリーズは、知的財産を活用して事業活動を効率的に進めるためのキーポイントを習得することを目的としています。

イメージしやすいイラストを使った解説で理解度が高まり、事例を基にした具体的なケーススタディを通して実践で役立つ知識が学習できます。
知的財産管理技能検定を受験予定の方にもおすすめの講座です。

導入検討に、eラーニングのデモ版を無料でお試しいただけます。

講座ラインアップ

事例で学ぶ 特許・実用新案(1)

学習時間 1時間

概要
特許権、特許取得の要件(新規性・進歩性)や特許出願の流れなどを学習します。
ケース問題:12問、理解度テスト:10問

事例で学ぶ 特許・実用新案(2)

学習時間 1時間

概要
特許権の管理、活用、独占禁止法や不正競争防止法(営業秘密)などを学習します。
ケース問題:11問、理解度テスト:10問

事例で学ぶ 意匠

学習時間 30分

概要
意匠権、意匠権と不正競争防止法、侵害などを学習します。
ケース問題:5問、理解度テスト:5問

事例で学ぶ 商標

学習時間 30分

概要
商標権の活用、侵害などを学習します。
ケース問題:6問、理解度テスト:5問

事例で学ぶ著作権

学習時間 1時間

概要
著作権、著作人格権や著作財産権などのビジネスに必要な知識を学習します。
ケース問題:10問、理解度テスト:5問

学習の流れ

ケーススタディ(事例)→ 解説、最後に理解度テストと体系的に学習できます。

知的財産の概要

学習の流れ 知的財産の概要 イメージ

各講座の学習に入る前に、各知的財産権について概要を確認します。
※各講座共通の内容です。

ケーススタディ

学習の流れ  ケーススタディ イメージ

実際の事例を元にした、四者複数選択式のケーススタディが出題されます。

学習・解説

学習の流れ  学習・解説 イメージ

イラスト・ナレーションによる学習ページです。ケーススタディの内容を解説します。
各ユニットの最後で、学習した内容のポイントを確認します。

理解度テスト

学習の流れ  理解度テスト イメージ

テストによって学習した内容の理解度を確認します。

■ ケーススタディ例

実例から身近なビジネスのシーンを設定し、自分に置き換えて考えられる事例問題を取り入れています。

ベンチャー企業のA社では、各事業部でさまざまな製品を取り扱っています。そのためA社の法務部には、各事業部から日々多数の相談が持ち込まれています。知的財産管理を担当しているUさんにも、意匠出願を予定しているさまざまな商品の相談が毎日のように持ち込まれます。この場合、次の(1)~(4)のうち、意匠登録を受けることができないものを選びなさい。正しいものは1つとは限りません。

  • (1)コンピューターソフトウエアを開発している事業部のデザイン担当者から相談されたコンピュータの汎用モニター画面上のアイコンデザイン
  • (2)通信機器を製造する事業部のデザイナーから相談のあった一連の製品のデザインコンセプトそのもの

・・・・・・・・

商品に関するお問い合わせ

パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社 お問い合わせ受付窓口
電話番号: 0570-087870
    受付時間: 9時00分~17時30分 (土・日・祝・当社指定休業日を除く)

お問い合わせイメージ お問い合わせイメージ

※ 記載されている会社名、商品名は各社の商標または登録商標です。なお、本文中では™、®マークは基本的に明記していません。