長時間労働抑止システム
「Chronowis(クロノウィズ)

お問い合わせ受付窓口 お問い合わせ受付窓口

2019年4月から「働き方改革関連法」が順次施行!

「働き方改革関連法」が2018年に成立し、残業時間に罰則付きの上限規制が初めて設けられるなど、企業側に対して「長時間労働の是正」が今まで以上に強く求められています。

そして、いよいよ2019年4月1日より法改正が順次施行されます。

  • 残業時間の上限規制がさらに強化 ※ 中小企業は2020年4月1日~
    (例:原則は月45時間・年360時間とし、特例でも月100時間未満・年720時間以内など)
  • 労働時間状況の適正な把握
    (例:勤怠管理・入退室管理・パソコン使用時間などを客観的に記録する)
  • 勤務間インターバル制度の導入促進  など
    (翌日の出社まで一定時間以上の休息時間を設け、従業員の生活時間を確保する)

 【参考】 厚生労働省:「働き方改革」を推進するための法律について

法整備が進む中、長時間労働の是正は単なる号令では済まされない時代へと移り変わります。また、企業側は“従業員の労働時間を適正に把握すること”が重要なポイントとなります。

もはや従業員による勤怠記録では限界があり、「社内勤務」以外の「出張勤務」や「現場勤務」、「在宅勤務」なども含め、多様な勤務実態を適正に把握していくためには、専用システムが必要であると言えるのではないでしょうか。

パナソニックの長時間労働抑止システム「Chronowis」 イメージ図

ポップアップで長時間労働を抑止!
超過勤務申請の運用徹底!

ポップアップの画面イメージ
※ 抑止画面はイメージです。
(テキストの変更や画像の差し替えなど、画面をカスタマイズ可能)

パナソニックの長時間労働抑止システム「Chronowis」では、オンライン・オフラインを問わず、業務時間を過ぎたパソコンの画面上にポップアップを表示し、長時間労働を抑止します。また、従業員の勤務実態を「勤怠・入退室情報」から「パソコン稼働時間」まで一元管理できます。

本商品は、パナソニックグループ内の利用で培った実績ある働き方改革ツールを商品化したものです。労働時間を適正に把握し、働き方の見直しに取り組むことで、従業員のワーク・ライフ・バランスをご支援します。

商品の詳しい情報やご相談、お見積もりは、
こちらからお気軽にお問い合わせください。

長時間労働抑止システム「Chronowis」の3つの特長

“労働時間の適正な把握”にお悩みの
人事担当者様は多いのではないでしょうか?

課題1

長時間労働を是正するため、さまざまな情報を社内で発信しているが、いまいち効果を実感できない・・・

解決

長時間労働の是正

業務時間外の
パソコン利用を抑止!

業務時間または利用申請時間を過ぎたパソコンの画面上にポップアップを表示。時間外利用の認識を高め、長時間労働の是正を促します。

課題2

交代制勤務・現場勤務・在宅勤務など、多様な働き方を推進しているが従業員の勤務時間を把握しづらくなった・・・

解決

勤務実態の把握

多様な勤務形態に対応!
(オフライン対応)

フレックスや夜間勤務など、勤務グループごとにパソコンの利用可能時間を設定可能。オフライン環境にも対応し、パソコン稼働時間の把握に役立てられます。

課題3

勤怠管理や入退室管理のシステムがバラバラで、ログ収集・マッチングなどのデータ処理に手間がかかる・・・

解決

勤怠データとの連携

勤務実態を一元管理!
 

勤怠管理・入退室管理システムのデータを取り込み、パソコン稼働時間や延長申請時間などと一元管理。客観的な記録により、適切な勤務管理を支援します。

商品の詳しい情報やご相談、お見積もりは、
こちらからお気軽にお問い合わせください。

ご利用イメージ 

システム概要

業務時間を過ぎると、利用者のパソコンにポップアップ画面が常時表示されます。パソコンの利用を延長したい場合は、申請が必要です。
申請後、延長時間を過ぎると再びポップアップ画面を表示し、パソコンの利用停止を繰り返し促すことで長時間労働の抑止につなげます。

長時間労働抑止システム「Chronowis」の概要図

運用イメージ

勤怠管理・入退室システムのデータをCSV形式で取り込み、「パソコン稼働時間」や「延長申請時間」などと一元管理することで、従業員の勤務実態を適正に把握できます。また、超過勤務時の申請・承認を徹底することによって、働き方改善の肝となる社員の意識改革も支援します。

長時間労働抑止システム「Chronowis」の運用イメージ

オフライン対応について
社外や在宅勤務など、社内ネットワークが利用できないオフライン時もパソコン抑止画面が表示されます。
延長してパソコンを利用する場合は、申請することで継続利用できます。延長申請情報はオンライン時に承認者へ事後通知され、勤務実態を把握できます。

オフライン環境の運用イメージ

※1 勤務時間・入退室時間を確認するには、データの取り込みが必要です。
※2 スマートフォンで承認を行うには、別途アプリケーションが必要です。詳しくは、お問い合わせください。

「Chronowis」が提供する主な機能

業務時間外のパソコン利用抑止

パソコン利用が可能な時間以外は、画面上にポップアップを常時表示し、約8割の大きさで覆い隠すことでパソコン利用を抑止します。
 

パソコン利用の延長申請/承認

業務時間外にパソコン利用が必要な場合は、延長申請を行うことでポップアップ画面を非表示にできます。申請は承認者にメールで通知され、超過勤務申請の運用を徹底します。

勤務状況の実績管理

勤怠管理・入退室システムのデータを取り込むことで、勤怠情報とパソコン利用時間を比較し、勤務実態に差異がないか確認できます。
 

ユーザー管理・検知機能

CSV形式で利用者の情報を、一括で登録・変更・削除が行えます。また、利用者によって、アプリの停止やパソコンの日時情報が変更された場合の検知機能も搭載しています。

勤務時間帯のグループ設定

フレックスや夜間勤務など、多様な働き方に合わせて、業務時間帯のグループを柔軟に設定できます。
 

抑止画面のカスタマイズ

利用者のパソコンに表示するポップアップ画面の内容をカスタマイズできます。(メッセージや文字サイズの変更、画像の差し替えなど)
 

「勤怠情報」、「入退室情報」から 「パソコン稼働時間」、「延長申請時間」、「延長理由」まで、 従業員の勤務実態を一元管理!

機能一覧

権限

機能

利用者

パソコン利用抑制画面表示

パソコン利用延長申請(事前/緊急)

延長申請一覧(実績表示)

承認者設定

管理者

勤務時間帯グループ設定

管理者設定

インポート(社員情報)

利用者登録

利用者編集

パソコン利用抑止画面メンテナンス

実績表示

権限

機能

承認者

パソコン利用延長承認/否認

未承認一覧

延長申請一覧

実績表示

システム

申請・承認/否認メール通知

アンインストール抑止

クライアントサービス停止検知/復旧

クライアント日時変更検知

オフライン利用
(パソコン利用抑止画面表示、パソコン利用延長申請)

※ 開発中の機能を含みます。詳しくは、お問い合わせください。

商品の詳しい情報やご相談、お見積もりは、
こちらからお気軽にお問い合わせください。

動作環境

クライアント環境

対応OS

Microsoft Windows 10 Pro 32bit版 / 64bit版
Microsoft Windows 7 Professional 32bit版 / 64bit版

Webブラウザー

Microsoft Internet Explorer 11
Google Chrome

稼動環境

Microsoft .NET Framework 4.61以上

サーバー環境

対応サーバー

Microsoft Windows Server 2016
Microsoft SQL Server 2017 Standard Edition

価格

※ 詳しくは、お問い合わせください。

商品カタログ

長時間労働抑止システム「Chronowis」
商品カタログ (PDF:2.09MB)

関連リンク

商品に関するお問い合わせ

パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社 お問い合わせ受付窓口
電話番号: 0570-087870
    受付時間: 9時00分~17時30分 (土・日・祝・当社指定休業日を除く)

お問い合わせイメージ お問い合わせイメージ

※ 記載されている会社名、商品名は各社の商標または登録商標です。なお、本文中では™、®マークは基本的に明記していません。