七五三は、どうして7才、5才、3才にするの?

七五三は、子どもの成長をお祝いする日本の行事。男の子は3才、5才、女の子は3才、7才の時に、晴れ着を着て、神社にお参りをするんだよ。昔は、七五三のお参りが済(す)んで、初めて子どもの仲間入りができたんだって。

ず~っと昔は、男の子も女の子も、3才になると「髪(かみ)置き」っていう髪を伸(の)ばして結ぶお祝いをしていた。そして、男の子は5才になると、初めて男の子の着物を着せてもらえたんだ。これが「はかま着」というお祝い。女の子は、7才になると、女の子の着物を着せてもらう「帯解(と)き」というお祝いをしてもらった。この3つのお祝いが七五三の始まりなんだね。