標的型攻撃メール対策ソリューション

標的型攻撃メールとは、攻撃者が目的を持って官公庁や企業、団体などの組織に対して個人情報や機密情報の窃取などのために行うサイバー攻撃のひとつです。
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)の「情報セキュリティ10大脅威 2016」※によると、組織別のランキングにおいて「標的型攻撃による情報流出」が1位となっています。

標的型攻撃で利用されるメールは近年とても巧妙になっており、また攻撃者がどのような情報を得るために攻撃を仕掛けてくるかは私たちにはわかりません。
そのため、いつ、どんな時に攻撃の対象となっても被害を最小限にするために対策が必要です。

新しいウィンドウ 独立行政法人 情報処理推進機構(IPA):情報セキュリティ10大脅威 2016(2016年11月29日)

標的型攻撃メールとは

標的型攻撃メールは攻撃者が目的を持って対象を定め、その攻撃対象の脆弱性を調べ、そこへマルウェアを送り込みます。攻撃対象内の人間を騙し、マルウェア通じてバックドアを開設させ、最終的に目的とした情報を搾取していきます。

標的型攻撃メールイメージ

標的型攻撃メールに必要な対策<多層防御>とは

標的型攻撃メールは手口が巧妙化しているため、単独の対策だけでは攻撃を防ぐことはできません。複数の対策を組み合わせた多層防御の実施が重要となります。
多層防御とは入口対策であるIPS/IDSやFireWall設置、内部対策であるウイルス対策ソフトなどの導入、出口対策であるプロキシ、Webフィルタ設置や各種ログ監視があり、そして標的型攻撃メールの知識を習得し、意識を変え、各対策において正しい行動を出来るようにするための従業員教育があります。

標的型攻撃メールに必要な対策多層防御イメージ

多層防御の要になる標的型攻撃メール対策教育ソリューションラインアップ

多層防御の要となる教育ソリューションです。標的型攻撃メール訓練やeラーニングを提供しております。教育についてはお客様のご要望に合わせた集合研修も実施可能です。

標的型攻撃メールを模擬した訓練を行い、結果を分析し、その結果に合わせた教育を提供するソリューションです。
URLリンク付き/HTML形式(画像)/Wordファイル添付からメールの種類を選べます。

30分でケーススタディから標的型攻撃の手法や脅威を知り、その対策を理解できるeラーニングです。

多層防御に必要な標的型攻撃メール対策ソリューション関連商材

訓練や教育と合わせてご活用いただくとより効果的な対策となります。
多層防御に必要なエンドポイントセキュリティやログ監視ソリューションを提供しております。

商品に関するお問い合わせ

パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社 お問い合わせ受付窓口
電話番号: 0570-087870
    受付時間: 9時00分~17時30分 (土・日・祝・当社指定休業日を除く)

お問い合わせイメージ お問い合わせイメージ

※ 記載されている会社名、商品名は各社の商標または登録商標です。なお、本文中では™、®マークは基本的に明記していません。