ID統合管理システム
「SecuritySeeker(セキュリティシーカー)

お問い合わせ受付窓口 お問い合わせ受付窓口
さまざまなセキュリティ商品のID情報、権限情報、ログ情報を統合管理し、強固なセキュリティ対策を実現!

各種セキュリティシステムのID情報、権限情報を統合管理し、運用コストの軽減と内部統制強化を実現

企業各社では、セキュリティ強化対策に伴い、さまざまな種類のセキュリティシステムが導入されています。しかし、それらのシステムではID情報を個別に管理しており、人事異動や組織変更に伴うメンテナンスが頻発しています。これは、管理部門での運用コストの増加を招き、ID管理の抜けや漏れに伴うゴーストID(利用者不明ID)の発生など、セキュリティホールにも繋がりかねません。
こうした問題を解決するため、ID統合管理システム「SecuritySeeker」は各種セキュリティシステムのID情報、権限情報、ログ情報を統合管理し、企業内のID情報の一元管理、運用コストの軽減、内部統制強化に貢献します。

「SecuritySeeker」は、入退室管理システム、複合機認証システムなど、部外者の不正侵入、不正使用を防止する物理セキュリティ商品、PC利 用認証システムやディレクトリシステム(AD、LDAP)などの情報セキュリティ商品と連携し、企業内のセキュリティレベル向上を実現します。

【概要図】各種セキュリティシステムのID情報、権限情報を一元管理し、セキュリティレベルの向上と運用コストの軽減を実現

「SecuritySeeker」がセキュリティ商品のID管理や権限管理に関わる課題を解決!

【内部統制】 社員証をICカード化し、入退室管理を行いたい

【統合管理】 拠点ごとにバラバラのICカードや入退室管理システムを統合管理したい

【事故防止】 来訪者へのゲストカード発行や、未返却カードの自動停止を行いたい

【負荷軽減】 社員の異動や組織変更の際に、ID情報を即時更新したい

ID統合管理システム「SecuritySeeker」がお客様から選ばれる4つのポイント

入退室管理システムからICカード認証機能付きの複合機まで、さまざまなセキュリティ商品のID管理を一元化。

人事システムと自動連動し、各セキュリティ商品のIDや権限情報を自動整形・配信。人事異動や組織変更に迅速に対応。

ID管理の業務負担を軽減し、人的ミスなどによるセキュリティホールを防止。各システムのログ情報を一元管理し、社員のセキュリティ意識が向上。

パナソニックの研究開発部門のほか、大手金融業、製造業、運輸旅客業、出版放送業、調査コンサルタント業などのさまざまな企業へ数多くの導入実績。

【導入効果】わずらわしいID管理、権限管理業務から担当者を解放!セキュリティ統制、事故防止、リスク回避を図り、総務・人事・情報システム部門などの運用工数を大幅削減