人体安全の取組

協働ロボット/現場適応ロボット向け衝突安全評価サービス

人と共存して作業を行うロボットを、どうすればものづくりやサービスの現場に導入できるのか、どういった方法で安全性を確保すれば良いのか、等で悩まれていませんでしょうか?

産業用の協働ロボット/現場適用ロボットの衝撃力や圧力を、規格に合わせて測定・評価致します。 また、接触時に発生する人体側の痛みやダメージの定量的評価も、ご支援致します。

協働ロボット/現場適応ロボット向け衝突安全評価サービス
衝撃力測定:GTE社 KMG-F500
圧力測定:富士フィルム社 プレスケール

主なサービス内容

  • ISO/TS15066 に基づく計測および安全性の適合評価*1(出張測定対応致します)
リスクポイントの見極め → 測定 → 対策・提案(報告書)
  • 人と接触する可能性があるロボットの安全対策やリスク評価検討サポート
安全に関する規格策定や、生体に関する測定評価方法の開発での経験や知識を活かして評価測定だけではなく、製品・機能・サービスの企画検討や、設計や開発のサポートも致します。
ロボットの安全性でお悩みの方は、ぜひ相談下さい。

*1 

平成29年2月 中央労働災害防止協会発行  機能安全活用実践マニュアル 『ロボットシステム編』 より、導入する産業用協働ロボットには、ロボットシステムの使用条件を保証しているかの検証が必要となり、ISO/TS15066附属書Aの適合評価を実施する必要があります。

人共存ロボットの安全対策やリスク評価検討サポート

人共存ロボットのご使用に関して、人との衝突・接触に対する危害の定量的評価やリスク評価をご支援します。
併せて、ロボットの安全対策設計やその検証方法、ロボットの安全運用等の安全に関する様々なお悩み事についてご相談にのります。

移動ロボットと人との接触イメージ

ロボットの安全に関する規格策定や、生体安全に関する独自の痛みが評価できるデバイス開発等も行っています。
それらの経験や知見を活かして、製品・機能・サービスの企画や仕様検討、また設計・開発時もサポート致しますので、是非ご活用下さい。

Pain-Sensing ダミー

News お知らせ

    現在、新しいお知らせはございません