温湿度試験

温湿度試験では、各種製品が周囲の温度、湿度にどの程度耐えられるかを評価します。解析センターでは大型恒温恒湿槽も所有しており、住宅部材等の大型製品から小型の電子部品まで幅広い評価、試験に対応可能です。

住宅部材、システム部材等の大型商品評価に対応

各種評価方法
大型恒温恒湿室

何が出来るのか

大型商品の温湿度ストレスによる性能評価ができます。

主な仕様

温度:-40℃~+80℃
湿度:10%RH~95%RH
運転:定値、プログラム運転可能
内寸: W4000×H2600×D2400他
特徴:低温低湿試験
低温連続試験 可能

※間仕切り部段差あり

実施できる信頼性試験項目

高温試験、低温試験、温湿度試験、高温高湿試験、温度サイクル試験、
高温高湿通電試験、寒熱繰り返し試験

電子回路基板、デバイス商品等の中型商品評価に対応

電子回路基板の信頼性評価
中型恒温恒湿機

何が出来るのか

中型商品の温湿度ストレスによる性能評価ができます。

  1. 電子回路基板のTHB評価
  2. 各種樹脂材料の評価
  3. 中型商品の実機性能評価

主な仕様

温度:-70℃~+150℃
湿度:20%RH~98%RH
運転:定値、プログラム運転可能
内寸:W500×H750×D600
W1500×H1500×D1500他
特徴:超低温から高温多湿の幅広い温湿度試験 可能

実施できる信頼性試験項目

高温試験、低温試験、温湿度試験、高温高湿試験、温度サイクル試験、
高温高湿通電試験、寒熱繰り返し試験

電子部品、小型商品の評価に対応

電子部品の信頼性評価
小型恒温恒湿機

何が出来るのか

小型商品の温湿度ストレスによる性能評価ができます。

  1. 電子部品のTHB評価
  2. 各種樹脂材料の評価
  3. デバイス関連の評価

主な仕様

温度:-40℃~+150℃
湿度:20%RH~95%RH
運転:定値、プログラム運転可能
内寸: W500×H350×D350
W300×H300×D260他
特徴:温度幅の広い試験 可能

実施できる信頼性試験項目

高温試験、低温試験、温湿度試験、高温高湿試験、温度サイクル試験、
高温高湿通電試験