振動衝撃試験/設備紹介

設備紹介

試験機

装置仕様

大型振動試験機

大型振動試験機

  • 加振波形:正弦波、ランダム波
  • テーブル寸法:1.5×1.5m
  • 最大加速度:29.4m/s2(3G)※無負荷時
  • 周波数:2~500Hz(正弦波~350Hz)
  • 搭載重量:最大500kg(試験条件で変化)
三軸同時加振機

三軸同時加振機

  • 加振波形:正弦波、ランダム波、実波形
  • 加速度:235.2m/s2(24G)※無負荷時
  • 周波数:5~1200Hz
  • 搭載重量:最大100kg
  • 温度範囲:-55~+175℃
  • 湿度範囲:25~95%RH
    ※重量等により出力に制限があり。
  • 槽内寸法:1.0×1.0×1.0m
複合振動試験機

複合振動試験機

  • 加振波形:正弦波、ランダム波、ショック波
  • 加速度:774.2m/s2(79G)※無負荷時
  • 周波数:5~2000Hz
  • 搭載重量:最大200kg
  • 温度範囲:-65~+175℃(15℃/min)
  • 湿度範囲:30~98%RH
    ※重量等により出力に制限があり。
  • 槽内寸法:1.0×1.0×1.0m
地震試験機

地震試験機

  • 各種地震波形をシミュレートした加振が可能
  • 加振方式:各地の地震再現波
    (兵庫県南部地震、東北地方太平洋沖地震・・・等)
    サイン波(0.1~30 Hz)、ランダム波(0.1~30 Hz)
  • 有負荷時最大加速度:垂直:500gal、水平:1000gal
  • 周波数:0.1~30Hz
  • 最大変位:垂直:270mm(P-P) 水平:520mm(P-P)
  • 最大搭載重量:1000kg
落下衝撃試験機

落下衝撃試験機

  • 加速度:最大7566m/s2(772G)
  • 作用時間:1.4~30ms
    ※衝撃値により異なる
  • 波形の種類:正弦半波
  • 最大搭載重量:50kg
  • テーブル寸法:300×400mm