第30回:シリーズ『RPA真・活用術』(2/2)

RPA導入の効果を上げる秘訣【その1】

業務プロセス分析で継続的な改善も可能に

RPAConnectの導入効果は、他のソリューションとあわせて用いることでさらに高められます。

例えば、RPAConnectのログをBI(ビジネスインテリジェンス)ツールによる分析に最適化した形式で出力することができるため、業務プロセス上の課題を可視化することに役立ちます。こうした連携を行うことで、業務の「手戻り率」や「業務処理件数と平均処理時間」、さらには「処理時間のパレート分析」など、業務の効率化・自動化を進めるためのヒントを得ることが可能になります(図4)。

図4:RPAConnectと連携した業務プロセス分析の例
図4:RPAConnectと連携した業務プロセス分析の例

これにより、業務プロセス上の課題やボトルネックを可視化することができ、のちの改善・改革に生かすことができます。

以上、今回はRPA導入の効果を上げる手法の一つとして、RPAConnectを中心に取り上げました。ただし、パナソニック ソリューションテクノロジーのRPAソリューションでは、他にも、RPAの導入効果を最大化するうえで有効なツールやさまざまなサービスを提供しています。次回は、そうしたツール、サービスに関してご紹介します。

バックナンバー

商品に関するお問い合わせ

パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社 お問い合わせ受付窓口
電話番号: 0570-087870
    受付時間: 9時00分~17時30分 (土・日・祝・当社指定休業日を除く)

お問い合わせイメージ お問い合わせイメージ

※ 記載されている会社名、商品名は各社の商標または登録商標です。なお、本文中では™、®マークは基本的に明記していません。